和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年06月02日(火)

心込め合唱 田辺中・高校がXマスコンサート

踊りや歌を披露する田辺中学校、田辺高校の合唱部(22日、和歌山県田辺市新屋敷町で)
踊りや歌を披露する田辺中学校、田辺高校の合唱部(22日、和歌山県田辺市新屋敷町で)
 和歌山県田辺市学園の田辺中学校と田辺高校の合唱部は22日、同市新屋敷町の紀南文化会館で「クリスマスコーラスコンサート」を開いた。合唱部員39人が心を込めて歌い、多くの観客を楽しませた。

 合唱部は9月の合唱コンクールを終えた後、このコンサートを一年の集大成として位置付け、プログラムから企画、演出まで部員が中心になって準備してきたという。

 演奏会では本年度のコンクール曲などを披露。その後、ディズニー映画「ピノキオ」の主題歌「星に願いを」やサンタメドレーなど異なるジャンルを多彩な編成で合唱した。

 演奏の合間には、指揮を担当した合唱部の西千明顧問が、この日で部を引退する3年生8人を一人ずつ紹介。3年生を代表して栗山凌部長がこれまでの指導に感謝し「みんなで一つのものを作り上げることの素晴らしさなど、このクラブで学んだことを将来に生かしたい」などと述べた。

 同校で長年合唱を指導してきた原盾二郎さんの指揮による「ハレルヤ」の合唱もあった。演奏会の終盤には、実写化されたディズニー映画「アラジン」の曲などを、ダンスを交えながら歌った。