和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年01月29日(水)

山田涼介、主演を張って芽生えた責任感 役者人生初の試みも実践

映画『記憶屋 あなたを忘れない』で主演を務める山田涼介(C)2020「記憶屋」製作委員会
映画『記憶屋 あなたを忘れない』で主演を務める山田涼介(C)2020「記憶屋」製作委員会
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、芳根京子、佐々木蔵之介らが共演する映画『記憶屋 あなたを忘れない』(17日公開)。山田は本作で“現場で監督と話し合い脚本を変える”という役者人生初の試みを実践。その理由を明かしてくれた。

【動画】『記憶屋』特別映像が解禁

 山田は恋人の記憶を取り戻すため“記憶屋”探しをする大学生・遼一、芳根は幼なじみの真希、佐々木は、遼一と記憶屋探しをする弁護士・高原を演じる。遼一の記憶だけを失くしてしまった恋人の杏子は、蓮佛美沙子が担当する。

 山田は“脚本の変更”について「この物語をどこに落ち着かせるか?ということをものすごく考えました。原作があるのものを実写化するにあたり、何を一番大切にしてゆくべきか? というのを主演を務めさせていただくものとしてとても考えました」と主演を務める責任感から生まれたことを語る。

 さらに「平川(雄一朗)監督とお話をしていく中で、僕が思ったことを積極的に言わせていただきました。脚本に関して『ここはどういう意味ですか?』と確認することは以前からありましたが『この部分は遼一としては納得いかないと思うんです』というように、脚本に関して現場でここまで意見を述べさせていただいたのは、今回が初めてだと思います」と続ける。

 「杏子との普段のやり取りは標準語に近いですが、プロポーズするときなど、彼女に対して前のめりな強い感情が出るところでは広島弁にしたほうがいいのでは? と監督に提案しました」と遼一になりきり、彼の立場からせりふ回しに至るまで細やかに気を配ったことを明かした。

【全身ショット】真っ白なワンピ姿を披露…透明感溢れる芳根京子
山田涼介“普通の大学生”役で見せた進化 P絶賛の「演技の振り幅」
山田涼介、人混みで撮影もバレず苦笑「自分はまだまだ」
【写真】「いい度胸してる」白い服で躍動感あるカレーうどんを食べる芳根京子
岡田准一主演『燃えよ剣』予告編映像解禁 沖田総司役・山田涼介の場面写真も公開
提供:oricon news