和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月19日(土)

狙え大型イシダイ 「荒磯の王」60センチ超も

紀南で釣れ始めた良型のイシダイ
紀南で釣れ始めた良型のイシダイ
 4月に入り、荒磯の王と呼ばれるイシダイが紀南の磯で釣れ始めた。全長60センチ超の大物も釣り上げられており、釣り人は「大型が狙える季節。だんだんと北上して釣れるようになる」と期待している。

 田辺市内の釣具店によると、3月に入ってからすさみ町や串本町で釣れだしたという。これから白浜町や田辺湾などでも釣れてくる。

 餌は貝類がメインになる。サザエが最も入手しやすいが、サルボウガイやナガレコ(トコブシ)なども出回ってくる。ヤドカリは高いが、食い渋る時の特効薬的な存在。ここぞという時のためにいくつか用意しておくのも面白い。

 この時季は大物に当たる確率が高く、針16~18号、ハリスワイヤ36、37番、道糸は24~26号など、太めの仕掛けを使う釣り人が多い。