和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月19日(土)

節分に向け「吉兆」 熊野速玉大社で授与始まる

節分に向け、華やかな吉兆を仕上げる熊野速玉大社のみこたち(24日、和歌山県新宮市で)
節分に向け、華やかな吉兆を仕上げる熊野速玉大社のみこたち(24日、和歌山県新宮市で)
 節分(2月3日)に向け、和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)が、柳の枝に縁起物やもち花を飾り付けた華やかな「吉兆」約千本を仕上げ、24日から授与を始めた。

 速玉大社によると、福神を迎えた木のことを吉兆といい、節分にこの吉兆を飾ると、幸福が訪れるとされている。

 境内で採った柳の枝を上野宮司が剪定(せんてい)して束ね、みこや職員、敬神婦人会の女性たちが青や黄、ピンクなど色鮮やかな直径3センチほどのもち花、大判小判、サイコロなどを飾り付けて仕上げた。

 長さ約90センチの大(3千円)を約100本、約50センチの小(1800円)を約900本用意。社頭での授与のほか、郵送もしている。

 速玉大社禰宜(ねぎ)の濵中孝成さん(44)は「皆さんに良い福が訪れるようにとの気持ちを込めて奉製した。多くの方に受けていただければ」と話している。問い合わせは熊野速玉大社(0735・22・2533)へ。