和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年02月25日(火)

「名画」と「パン」がコラボレーション!立川高島屋で、未来のパティシエ・ブーランジェによる「作品展示・手作り即売会」を開催

パン約600ピースを使って「名画」を制作。
学生たちによる作品の展示、デモンストレーション、学生自らが接客する商品即売会など「百貨店」を舞台に盛り上がります。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/299_222_202001231152075e290a574f7ef.jpg

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/300_225_202001231150295e2909f5eef84.jpg






 




[画像3]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/230_161_201801261456565a6ac3280eedd.jpg

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/138_161_201801261451155a6ac1d369a21.jpg

[画像5]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/179_161_202001231520025e293b1265f2a.jpg










上)2019年作品「仙人掌群鶏図襖絵」※四角く見えるマス1つ1つがパン、鶏はシュガーアート
下)左2017年作品「日中友好」
  中央2012年作品「牛乳を注ぐ女」
  右2014年作品「凱風快晴」と「山下白雨」 ※絵の部分をパンで制作

子どもたちの将来の夢として、メジャーになりつつある「パティシエ(=菓子職人)」。美しく素敵なケーキやお菓子を作り出す姿が、子どもたちの憧れとなっているのでしょう。その夢の職業人となるべくひたむきに勉強している学生たちが、「国際製菓専門学校」(立川市曙町)にいます。
[画像6]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/400_267_201801261452325a6ac2200ef60.jpg
※写真はイメージ
  
この未来のパティシエ、ブーランジェ(=パン職人)を目指す学生たちが、大型作品および個人作品の展示、デコレーションのデモンストレーション、学生自ら接客する商品即売会などを、「KOKUSAI立川菓子祭2020」の一環として立川高島屋の店頭にて展開します。通常では接する機会の少ない百貨店のお客様のお声や反応、評価などに学生たちが直接触れられる貴重な体験の場を提供し毎年ご好評をいただいています。
立川高島屋の店頭で国際製菓専門学校の学園祭(第2会場)開催は、今回で16年目となります。


■パンで作る大型作品2020年は重要文化財「竹梅図屏風」尾形光琳作
 会期:2020年1月29日(水)→2月2日(日)
 会場:立川高島屋S.C.1階正面ステージ

W5×D2メートルの1階正面入口横大型ステージに、「パン」と「シュガーアート」で作られる大型展示を行います。製菓総合専門士科1年生総勢37名が、尾形光琳作重要文化財「竹梅図屏風」を、ほぼ原寸大(全体で約65×181cm 、2曲1双)でパンを使って表現します。(パン1ピースは約4~5cm角、約600ピースを使用。)

昨年の11月下旬から題材選定を始め、制作は12月下旬からスタートし、下絵書き・色合せ・パン生地制作・貼り付けを行い、最後にシュガーアートを施し作品は完成となります。

題材は、「今の季節を描いており時季が重なっていて、おめでたい」ことや「天に向かって力強く伸びる竹、素朴で可憐な花をつけ心地よい香りで人々を魅了する梅が今年のクラスのメンバーの姿と重なった」というクラス担任であり製パン教授の川崎先生の思いから、先生と生徒で相談し決められたものです。
テーマ設定から制作まで、学生たちの思いが詰まった作品は、毎年、その迫力と繊細さに多くのお客様が驚き足を留めご覧いただいています。1つひとつ丁寧に学生たちが取組んだ力作を、ぜひご覧ください。


■作品展示/学生によるデモンストレーション              
 会期:2020年1月29日(水)→2月2日(日)
 場所:立川高島屋S.C. 1階 特設会場
[画像7]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/300_202_201901281202365c4e70cc46de8.jpg

[画像8]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/300_202_201901281201255c4e7085cc5d1.jpg









洋菓子の製作技法には様々なテクニックがあります。これらを駆使して作り上げたシュガーアート作品を展示いたします。細かい、小さな作品から大きな作品まで、学生たちの技をご堪能いただけます。
期間中連日、学生によるデモンストレーションも開催いたします。あめ細工、マジパン細工、バタークリームのケーキデコレーション(薔薇の花絞りやパイピングなど)など、繊細な技法を目前にてご覧いただけます。

【デモンストレーション スケジュール】
<1月 29日(水)→31日(金)>
・午前11:00~ マジパン、バタークリーム
・午後 1:00~ アメ細工
<2月1日(土)・2月2日(日)>
・午前11:00~ マジパン、バタークリーム
・午後 1:00~ アメ細工
・午後 3:00~ マジパン、バタークリーム
※過去1階特設会場でのデモンストレーションの様子



■学生による手作り即売コーナー『創作スウィーツ・パン限定販売』
 会期:2020年2月1日(土)・2日(日)限り ※各日売り切れ次第終了
 場所:立川高島屋S.C.1階 正面口横特設会場
[画像9]https://digitalpr.jp/simg/327/37102/300_340_201901281110055c4e647d7fbe6.jpg
学生たちが、日々の実習の成果を発揮して製造した和・洋菓子、パンを即売いたします。
接客から販売、商品説明まで、全てを学生たちが担当することで、日ごろ百貨店の食料品フロアでお買い物される厳しい商品選択眼を持ったお客様から、直接お声をいただき、反応・評価を頂く貴重な機会となります。







※過去1階特設会場での販売の様子

※商品の一例
焼き菓子セット(4点入り)・・・ 税込400円
ケーキセット(3点入り) ・・・・税込800円
フルーツロールケーキ ・・・・・税込1,000円
タルトホール(4号)・・・・・・ 税込800円
どら焼き ・・・・・・・・・・・・税込100円
芋羊羹 ・・・・・・・・・・・・・税込300円
パン(3点入り)・・・・・・・・ 税込450円
ラスク ・・・・・・・・・・・・ 税込180円
ホテルブレッド・・・・・・・・ 税込300円



■ 催事:『国際製菓専門学校 学園祭2020』
■ 会期:2020年1月29日(水)→2月2日(日) 5日間
     ※手作り即売コーナーは、2月1日(土)・2日(日)限り
■ 会場:立川高島屋S.C. 1階 正面ステージ、正面口横特設会場、特設会場

お問い合せ:立川高島屋S.C. 042-525-2111(代表)



関連リンク
立川高島屋S.C.ホームページ
http://www.takashimaya.co.jp/tachikawa/


プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/37102
提供: