和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年04月25日(木)

白浜商工祭始まる 14日まで

化石発掘体験に挑む子どもら(13日、和歌山県白浜町阪田の白浜会館で)
化石発掘体験に挑む子どもら(13日、和歌山県白浜町阪田の白浜会館で)
 和歌山県白浜町阪田の白浜会館で13日、白浜商工祭(実行委員会主催)が始まった。町外を含め46事業所が出展し、それぞれの商品や事業をPRしている。14日まで。

 13日は午前10時の開会とともに家族連れらが続々と来場してにぎわった。来場者は飲食物を買って回ったほか、化石発掘やルームプレート作りなどの体験企画を楽しんだ。会館前には消防や警察、自衛隊の車両などが展示された。

 「しらぺん」や「くえどん」などのゆるキャラも登場して盛り上げた。熊野高校(上富田町)Kumanoサポーターズリーダー部員がボランティアで商工祭に協力した。

 実行委は町商工会青年部が主体。開催は2年ぶりで10回目になる。開会式では町商工会の久保木弘会長や井澗誠町長らがくす玉を割って開催を祝った。

 14日の開場時間は午前10時~午後4時。