和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月19日(水)

地元主婦らが手料理 高齢者と食事会楽しむ、龍神村

押しずしなどを作る地元の女性(和歌山県田辺市龍神村殿原で)
押しずしなどを作る地元の女性(和歌山県田辺市龍神村殿原で)
 和歌山県田辺市龍神村殿原では、月1回のペースで地元の主婦が集まって手料理を作り、高齢者と一緒に食べながら会話を楽しんでいる。参加している高齢者は食事会を楽しみにしている。

 市食生活改善推進協議会龍神支部のメンバーで殿原に住む安達智恵さん(72)が呼び掛け人となり、昨年11月から地元に住む有志の女性たちと協力して食事会を本格的にスタートさせた。

 安達さんは「1人暮らしの高齢者が多くなっている。年を取ると食事を作るのも大変だし、1人で食べるよりは出来たての料理をみんなと一緒に食べてもらおうと思った」と話す。

 食事会の場所は、旧殿原小学校に隣接する「殿原老人いこいの家」。

 費用は1人当たり300~500円の材料費のみ。味付けは塩分を控えめにしたり地元の食材を多く用いたりして工夫している。食事をしながら次回の献立を話し合うという。

 今月の食事会は16日にあり、押しずし、茶わん蒸し、すまし汁を8人で手分けをして調理。サイトモ、タケノコなど地元の食材をたくさん使った。主婦と地元の高齢者計13人で食べた。