和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年03月29日(日)

「広げて掛けろ」旦那の散らかしツッコむ嫁に、娘がいた跡を愛でる父…“家族の形跡”がSNSで共感呼ぶワケ

丸まったタオルを見て一言(@gomi_sutero)
丸まったタオルを見て一言(@gomi_sutero)
 家族が残した“形跡”を撮影しSNSにアップするアカウントが話題となっている。1つは『旦那の散らかした物をUPするアカウント(@gomi_sutero)』。夫が散らかしたり片づけない物に対しに、妻がユーモアを交えツッコミを加えている。そして、漫画家・宮川サトシさん(@kokodeasondetanoka)。脱いだままの形で置かれたタイツやクッションについた跡など、帰宅後に見つけた『娘が遊んでいた形跡』を探しインスタにアップしている。同じ脱ぎっぱなしの服でもそれぞれのの思いは違う。姿はないが“そこにいた証”を投稿する、その理由を聞いた。

【写真】奥さんもお気に入り(?)の「壁にワカメ」ほか旦那さんの散らかし現場集

■実は怒っていない 投稿は「円満な夫婦生活を送るため」の前向きな気持ちから

 2018年の7月から運営されている「旦那の散らかした物をUPするアカウント」。日々、夫が脱ぎ捨てた服や出しっぱなしの食べ物などを投稿しているが、妻が入れるツッコミテキストはユーモアたっぷり。82万を超えるフォロワーから共感を呼び、4月には書籍も発売される人気ぶりを見せている。

 アカウントのプロフィールには、「円満な夫婦生活を送るため面白おかしく(?)日々の彼の素行をUPして笑って行こうという前向きなアカウント(の予定)」と説明。あまりにも片づけないパートナーの行動に怒っているのかと思いきや、「そこまで腹立たしいと思うことはないのですが…」と意外な答えが返ってきた。

 靴下の脱ぎっぱなしやトイレットペーパーが空になっても替えてくれない行動には共感する人も多いが、トイレットペーパーの穴から髭剃りが発見されたり、浴槽内にメガネや美顔ローラーが入っていたりと予測できない行動も多い。自分の家では中々起きない珍事がフォロワーを多く集める理由かもしれない。

 今はまだ旦那さんに投稿がバレていないそうだが、いつまでこのアカウントが続くか聞くと、「毎日のように何かしら起きるのでいつまでとは決めていません。でも、気分で辞めたくなったら辞めると思います(笑)」。ちなみに2人の夫婦仲は良好だそうだ。

■葛藤の末にひらめいたアカウント 帰宅後に子どもの形跡を探す愛おしい時間

 4歳の娘さんがいる漫画家の宮川サトシさん。就寝が早い娘さんは、宮川さんが仕事から帰るとすでに寝てしまっているという。「寂しいから、子どもがそこにいた形跡とかを自然と探すようになりました」と、アカウント開設のきっかけを話す。昨年10月より投稿している形跡は、さっきまで娘さんが起きてそこに居たそんなぬくもりを感じる。

 これまで見つけた形跡の中で、宮川さんが驚いたものを聞いてみると「絵本を作ろうとしていたこと」だそう。「僕が漫画やアニメの絵コンテを描く仕事をしていて、それをいつも近くで見ているから影響を受けたのだと思うのですが……」と、タイトルの入った冊子から作ろうとしていた娘に自分の姿を重ねた。その絵本は『バナナをとってきたおとこがかけてきた』。なんとも大作の予感がするタイトルだ。

 アカウントについては娘さんには内緒だが、「妻は、形跡があると片づけずに僕のために残しておこうと思うようになったと言っていました」と、夫婦間での協力によって、愛らしい形跡写真が撮れているそう。形跡を取集し始めてから、徐々に完成度があがっていく折り紙を見て嬉しくも寂しい気持ちになってしまうという宮川さん。子どもが育つのは嬉しい反面、「時間よ、止まれ!」と幼い日々をいつまでも見守っていたい心境は、どこの親も一緒かもしれない。

【写真】謎のメモに遊びかけのレゴ…父が震えた「娘の残した愛すべき形跡たち」
【写真】旦那さんも思わず笑った?ダブルソフト弁当にクーピー弁当、名作パロディも…驚愕のキャラ弁集
【漫画】パパとママどっちと寝る?…父親目線で描くやんちゃな双子の毎日
【写真】「最高に素敵」夫から贈られた花に囲まれる安達祐実
【動画】ご主人も驚いた衝撃作から、SNSで話題になったあの弁当も…傑作「海苔文字弁当」
提供:oricon news