和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年03月29日(日)

超特急、8周年記念日に5人体制初シングル ダンサー陣がラップリレー

5人体制となった超特急(左から)カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ
5人体制となった超特急(左から)カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ
 ダンス&ボーカルグループ・超特急が、CDデビュー8周年記念日の6月10日にニューシングル「Stand up」をリリースすることが決定した。2月末でユースケが脱退し、3月から5人体制となって初のシングルとなる。

【ジャケット写真】超特急5人全員私服でスマイル

 今作では超特急の歴史を振り返りつつ、90年代のヒップホップに全力でチャレンジ。最近では歌パートを担当することも増えてスキルアップしたダンサー陣、カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキのラップリレーが、タカシのパワフルなボーカルに絡む、野心に満ちた一作となっている。

 歌詞にはこれまでにリリースしてきたシングルのタイトルやポイントとなる歌詞、キーワードなどが大量に盛り込まれ、「Stand up」(立ち上がれ)と歌う姿は、何があっても進み続けるという決意に満ちている。

 カップリングには、4月からテレ玉ほか全国6局で放送される『超特急と行く!食べ鉄の旅 マレーシア編』のテーマ曲「#いいね」を収録。通常盤には、6月に行われる東西アリーナツアーのテーマ曲「Table Manners」も収められ、初の試みとなるスイングジャズに挑戦。夢8(ファンクラブ)盤の付属Blu-rayには、1~2月に行われたファンクラブツアーのファイナル、東京公演の模様が収録されている。

 ジャケット写真は、超特急ファンの名称“8号車”とイメージカラーのピンクをベースに、「8」を配し、ファンへの強い愛情を表現。通常盤はジャケットを90°回転させると「8」が無限大を意味する「∞」(=インフィニティ)となる仕掛け。夢8盤はメンバー全員が私服で撮影に臨んだ。

 リーダーのリョウガは「CDデビュー日に新体制初となるシングルをリリース!! ダンサーのレアなラップとタカシの歌声でこれまでの超特急の歴史を感じられる、まさに8周年にぴったりッ さらにFC盤にはToooooo8のZepp Tokyo公演の様子が収録されたBlu-rayが!!! DINER、食べ鉄よろしく、お腹いっぱいになるNew Single『Stand up』是非ご賞味ください(^o^)」と呼びかけている。

【試聴】超特急の主な配信楽曲
超特急ユースケ、脱退日にブログ更新「戻れなくて本当にごめんなさい」
超特急・ユースケ、2月末での脱退を発表「心と体がついていかず」
【画像】肌の露出が増えた?超特急のグループ&個別写真集カット
元・超特急“コーイチ”吉野晃一、事務所退社を報告 今後はフリーで活動
提供:oricon news