和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年05月29日(金)

お濃茶スイーツ専門店が ぷるぷる「和紅茶黒糖わらびラテ」を新発売

看板メニューの仲間、浅草散歩のおともにご褒美“和ラテ”


浅草に2店舗を構える お濃茶スイーツ専門点『雷一茶(かみなりいっさ)』は、2号店の「お抹茶体験店」が2019年3月19日のオープンから1年を迎えました。この度、1周年を記念して新メニュー「和紅茶黒糖わらびラテ」を1日50杯の数量限定で2020年3月25日に発売します。

同新メニューは、2号店オープンの際に2号店限定メニューとして提供開始し、好評をうけて本店でも扱うようになった人気メニュー「お濃茶わらびラテ」をヒントに生まれた新しい仲間です。ヨーロッパやインドなどの海外の紅茶とはまた違った“和紅茶”ならではの優しく華やかな香りのラテに、クラッシュした黒糖わらび餅を底に忍ばせました。ラテ自体は甘さ控え目になっていて、黒糖わらび餅自体の自然な甘さとプルリとした食感のバランスが絶妙です。

浅草寺 徒歩30秒という立地の良さもポイントが高く、テイクアウトにも対応しているので “和ラテ”を片手に浅草をお散歩するもよし。2階はカフェスペースになっていて、ゆったりとした空間で一息つくことも。「2階のカフェスペースはホテルのラウンジを上回るサービスを目指していて、席も広く、アクセスの良さの割に比較的混雑することは少ないので 浅草でも穴場かもしれません。」「新メニューの和紅茶黒糖わらびラテ(税込780円)と看板メニューのお濃茶わらびラテ(税込780円)の両方を是非飲み比べてみていただきたいです」と代表の塩谷もコメントしています。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/700_467_202003251437285e7aee18a8d02.jpg

■お濃茶スイーツ専門店『雷一茶』について
良質な抹茶は苦くない、本物の美味しさ。自分へのご褒美に。
抹茶のなかでも品質、旨味が最も良いとされる一番茶のみを使用。さらに『雷一茶』では、ドリンクやスイーツには一般的な感覚の倍以上もの量の抹茶を使用しています。良質な抹茶は苦みが少なく、沢山入れても苦くなりません。収穫量が少ない分どうしても高価になってしまう一番茶ですが、上質な抹茶を味わってもらいたいという想いから贅沢に使用します。テイクアウトでも税込み780円とお手頃価格ではないものの、抹茶に対するイメージが変わる美味しさです。
※監修について:農林水産大臣賞を6回受賞した茶農家 辻喜代治氏が監修。辻氏はその他に天皇三賞の内閣総理大臣賞も受賞していて、これは“お茶業界”では30年ぶりの快挙だと讃えられる功績です。

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/700_494_202003251437205e7aee1036366.jpg

■2号店について
宇宙的なサービスがうけられる?浅草の穴場的カフェスペース
2号店2階のカフェスペースでは、注文した商品をご提供するまでの待ち時間にはまずウェルカムドリンクとしてプチ湯飲みで「水出し碾茶」をお出しします。その後、アイスのトッピングにも使用している「おこしだね(お米の素揚げ)」と「ほうじ茶」も一緒に。お濃茶ドリンク・スイーツをゆったり楽しんでもらいたいという想いからの工夫です。
馴染みのお客様から「至れり尽くせりで、宇宙的なサービス」だと言っていただけることも。

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/450_300_202003251437035e7aedffe8012.jpg
 
[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/225_300_202003251439415e7aee9d51b33.jpg

【1周年記念 新メニュー「和紅茶黒糖わらびラテ」について】
静岡産一番茶を使用。黒糖わらびクラッシュが和紅茶を風味豊かに引き立てます。
(本店・2号店の両店舗にて提供)

テイクアウト 税込780円
カフェスペース利用 税抜1080円※
※ウェルカムドリンク、おこしだね、ほうじ茶付き

[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/400_567_202003251436485e7aedf0b6a6c.jpg

【気軽にお抹茶体験】
茶道体験ではなく、抹茶について深く知る機会として
2号店には、1階にテイクアウトカウンター、2階にカフェスペースと物販スペースの他に「お抹茶体験スペース」を設けています。同スペースでは抹茶についての約30分のガイダンスとお抹茶つくり体験を楽しむことができます。一般的にイメージする茶道体験(日本文化体験)とは異なり、抹茶のいろはについて学び、良質な抹茶の味を知ってもらう場として提供しています。
実際に、海外からの観光客よりも、日本人の方の来店の方が実は多く、連日賑わっています。

[画像6]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/220_293_202003251439415e7aee9d51b33.jpg
 
[画像7]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/440_293_202003251437135e7aee099a359.jpg


■店舗概要『雷一茶』 https://www.kaminari-issa.com/
「良質な抹茶は苦くない」をコンセプトに、良質な一番茶(抹茶)を使用したドリンクやスイーツを提供する“お濃茶スイーツ専門店”。1号店は2016年3月にオープンして5周年、2号店は2019年3月にオープンして1周年を迎えました。

[画像8]https://digitalpr.jp/simg/1711/38163/120_258_202003251437085e7aee048aeed.png
1号店 浅草本店
東京都台東区花川戸1丁目15-9
銀座線「浅草駅」5分
営業時間:9:00~(月曜は17:00までその他は18:00まで)

2号店(お抹茶体験店)
東京都台東区浅草2丁目7-3
浅草寺徒歩30秒
営業時間:10:00~(月曜は17:00までその他は18:00まで)

※会社概要 http://rex-very.com/
『雷一茶』の運営会社 株式会社レックスベリー(代表:塩谷龍司、所在地:東京都台東区)は「何よりも素材」をモットーに、素材に拘った業務用アイスクリームを観光地や専門店へ卸販売をしています。そのため、独自ルートで希少な抹茶(一番茶)を手に入れることができるのが『雷一茶』の品質の高さの理由です。




本件に関するお問合わせ先
お濃茶スイーツ専門店『雷一茶』(株式会社レックスベリー)
担当:剱谷 哲也
TEL:03-6802-7948
MAIL:kaminari-issa@rex-very.com



プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/38163
提供: