和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年07月10日(金)

島ノ瀬ダム、桜満開 みなべ

桜の淡いピンク色に包まれる島ノ瀬ダム(30日、和歌山県みなべ町で)
桜の淡いピンク色に包まれる島ノ瀬ダム(30日、和歌山県みなべ町で)
 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムで桜がほぼ満開となり、淡いピンク色の光景が広がっている。

 ダム周辺にはソメイヨシノをメインに、ヤマザクラやボタンザクラも含めて500本ほどの桜がある。30日午前の雨が上がっている時間帯には、車を止めて歩く人の姿が少し見られた。ダムの堤から流れ落ちる水やこいのぼりとの共演、ダム湖の薄緑色の水面に映る桜の色など、さまざまな光景を繰り広げている。

 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、夜のライトアップは中止している。ダムを管理する南紀用水土地改良区によると、例年に比べて訪れる人も少なめという。