和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月29日(日)

ポストに観光や防災情報 新宮市内の99カ所

ポストに掲示されたQRコードと海抜(和歌山県新宮市で)
ポストに掲示されたQRコードと海抜(和歌山県新宮市で)
 和歌山県新宮市の新宮郵便局は、身近な場所にある郵便ポストを観光振興や防災に役立てようと、スマートフォンなどを使って観光情報や災害時の避難所の情報を読み取ることができるQRコードと、その場所の海抜を掲示した。

 掲示したのは市内全域にある99カ所の郵便ポスト。新宮市観光協会のホームページ(HP)のほか、災害時の避難所を紹介している市のHP、郵便局のHPを読み取ることができる3種類のQRコードを表示した。

 また、大規模地震に伴う津波から避難する際の参考にしてもらおうと、国土地理院の地図を参考にポストがある場所の海抜を示した。ただ、すべての場所で「津波注意」とあるが、その場所が津波の浸水想定区域であることを示すものではないという。

 新宮郵便局は「県内では初めての取り組みだと思う。郵便局としても観光客へのおもてなしや防災の役に立つことができれば」と話している。