和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年06月01日(月)

音無茶の発展願い新茶祭 田辺市の熊野本宮大社

茶の新芽を摘み取るみこら(7日、和歌山県田辺市本宮町で)
茶の新芽を摘み取るみこら(7日、和歌山県田辺市本宮町で)
 和歌山県田辺市本宮町特産の「音無(おとなし)茶」の茶摘みシーズンを前に、本宮町の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で7日、音無茶の品質向上や産業の発展を願う「新茶祭」が営まれた=写真。みこらが新芽を摘み取り、神前に供えた。

 本宮町では平安時代、京都から殿上人が持ってきた茶の実を植えたのが茶の栽培の始まりとされる。

 この日は本宮大社の茶畑(広さ約10アール)で、新型コロナウイルスの感染予防対策として神事用の覆面(マスク)を身に着けた赤いたすき姿のみこや大社敬神婦人会役員ら7人が新芽を摘み取った。

 JAみくまのによると、町内では川湯や伏拝などの約40戸が計約4・5ヘクタールの畑で茶を栽培。自家消費が多いが、3戸(約1・8ヘクタール)がJAに出荷。一番茶の収穫は4月下旬から始まる見込みという。

 同JAの内野智文・熊野川営農センター長(52)は「今年は例年に比べて雨が多く気温も高いために新芽の動きが活発で、2週間ほど生育が早そう」と話している。