和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年05月29日(金)

中学校教員さらに2人陽性 和歌山県内、10代男性も

 和歌山県は8日、県内で新たに3人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった、と発表した。全員、病状は安定している。県内で感染が確認されたのは累計34人となった。

 7日に感染が確認された紀の川市立打田中学校に勤務する50代男性教員=海南保健所管内=の濃厚接触者。同居している10代の息子、同僚の50代男性教員=岩出保健所管内在住=と30代男性教員=和歌山市在住。

 3人とも7日に検査して分かった。10代息子は7日に37・6度の発熱があった。50代教員は6日に頭痛や倦怠(けんたい)感などがあり、7日に38・5度の発熱。30代教員は6日に38・2度の発熱があった。