和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月30日(金)

まるでおもちゃみたい 白浜でカメノコテントウ

池上千星君が見つけたカメノコテントウ(和歌山県白浜町矢田で)
池上千星君が見つけたカメノコテントウ(和歌山県白浜町矢田で)
 和歌山県白浜町の日置川近くで、模様の変わったテントウムシ「カメノコテントウ」が見つかった。体長が10ミリを超える国内最大級のテントウムシ。人目には付きにくく珍しい。

 見つけたのは同町矢田の日置小学校2年、池上千星君(8)。4日昼ごろ、家族と自宅前で花見ランチを楽しんでいた時、妹の百波ちゃん(1)の胸元に付いているのに気付いた。亀甲状の模様が特徴的で「テントウムシなのに変てこな色と形をしている」と驚いたという。父親の祐馬さん(34)にインターネットで調べてもらって「カメノコテントウ」だと分かった。

 カメノコテントウは、広葉樹林や河畔林などで見られ、オニグルミなどに付くクルミハムシの幼虫を食べる。