和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年07月19日(金)

京都産業大学生命科学部 三嶋 雄一郎准教授の研究が2019年度稲盛財団研究助成に決定



京都産業大学生命科学部 三嶋 雄一郎准教授が「遺伝暗号に隠されたmRNA安定性コードの包括的研究」を評価され、2019年度稲盛財団研究助成に決定した。




 公益財団法人 稲盛財団は、将来の人類社会に貢献する人材の育成を目的として、若い研究者を対象に束縛のない研究資金を提供し、独創的で将来性のある研究活動を自由に行えるよう、1985年から毎年50人に研究助成を実施。助成対象者は、自然科学、人文・社会科学の広範な分野の中から、それぞれの権威である著名な先生方によって構成される研究助成選考委員会の審査を経て選ばれる。



 このたび、京都産業大学生命科学部 三嶋 雄一郎准教授が研究する「遺伝暗号に隠されたmRNA安定性コードの包括的研究」が評価され、2019年度稲盛財団研究助成に決定した。
 三嶋准教授は生命がRNAを制御するしくみについてゼブラフィッシュをモデルとして研究を行っており、「これから独創的な研究成果を出せるよう頑張ります」と語っている。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

【関連リンク】
●公益財団法人 稲盛財団 研究助成
 https://www.inamori-f.or.jp/inamori_grants/
●京都産業大学生命科学部 三嶋 雄一郎准教授
 https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/ls/mishima-yuichiro.html


▼本件に関する問い合わせ先
京都産業大学 広報部
住所:〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL:075-705-1411
FAX:075-705-1987
メール:kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/32608
提供: