和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年05月22日(水)

サビキがおすすめ、チョイ投げも 連休、家族で楽しむ釣り

サビキで釣れる小アジ(田辺湾で)
サビキで釣れる小アジ(田辺湾で)
 まもなく大型連休が始まる。家族で釣りに出掛けるならサビキがおすすめだ。アジやイワシ、サバなどが釣れる。キスを狙った砂浜からのチョイ投げも面白い。

 田辺市の釣具店によると、サビキで人気なのはピンク系のスキンやハゲ皮。アミエビに似せたタイプもある。この時季は魚のサイズが小さく、針も0・5~2号と小さいものが売れている。ウキを付けて狙うのも釣果につながるようだ。

 のべざおの一本針仕掛けも引きが楽しめて面白い。3・6~5・4メートルのさおに1号ほどの道糸を付ける。ハリスは4~6号の金袖針が付いた市販品を使う。刺し餌は大きめのアミエビや小さなオキアミを選ぶ。魚の動きを見ながら少量のアミエビをぽろぽろ絶えずまく。小さなウキで当たりを取るのもいいが、餌を食べるのを見ながら釣るのも楽しい。よく釣れる時間帯は朝夕。

 チョイ投げは、ルアーざおや万能ざおで代用できる。重りは5~15号程度の軽めが主流。仕掛けは2本針にしてハリスも短い方が絡みにくく扱いやすい。餌は石ゴカイだが、最近は人工ゴカイを使う人もいる。

 ポイントは田辺市の大浜やその周辺、芳養湾、みなべ町の浜など。距離は20~50メートルと近いようだ。 (海)