和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年09月16日(月)

映画「ソワレ」製作を支援 実行委が総会

 和歌山県御坊・日高地方や和歌山市内を舞台にした映画「ソワレ」を支援している御坊日高映画プロジェクト実行委員会はこのほど、第1回理事会総会を御坊市薗の御坊商工会館で開いた。

 「ソワレ」は県出身の映画プロデューサー、前田和紀さんが企画し、外山文治監督がメガホンを取る。映画に出てくる美しい風景には、御坊・日高の実際の地名が使われるという。

 実行委は、映画が観光振興に寄与し、映像に映ることが地域の誇りを醸成するなどとして支援活動に力を入れている。

 資金集めでは目標額1100万円に対し、約900万円が集まっており、さらなる協力を呼び掛けている。

 本年度の事業計画では、協賛金集めを撮影が始まる7月以降も実施することや、撮影の協力と宣伝にも力を入れていくことを決めた。