和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年07月19日(金)

[世界を変えた書物]展が展覧会として初めて日本科学技術ジャーナリスト会議 科学ジャーナリスト大賞を受賞。授賞式は令和元年5月28日(火)に東京・日本プレスセンタービル10階ホールで開催



2018年9月8日(土)から9月24日(月・休)上野の森美術館で行われた金沢工業大学ライブラリーセンター所蔵のコペルニクスやガリレイ、ニュートン、アインシュタイン、ダーウィンなど、世界を一変させた発見や科学技術に関する初版本を展示した[世界を変えた書物]展が展覧会としては初めて日本科学技術ジャーナリスト会議科学ジャーナリスト大賞を受賞しました。




2018年9月8日(土)から9月24日(月・休)上野の森美術館で行われた金沢工業大学ライブラリーセンター所蔵のコペルニクスやガリレイ、ニュートン、アインシュタイン、ダーウィンなど、世界を一変させた発見や科学技術に関する初版本を展示した[世界を変えた書物]展が展覧会としては初めて日本科学技術ジャーナリスト会議科学ジャーナリスト大賞を受賞しました。受賞式は5月28日(火)午後6時半~9時日本プレスセンタービル10階ホールで行われます。

日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ、佐藤年緒会長)科学ジャーナリスト賞は、科学技術に関する報道や出版、映像などで優れた成果をあげた人や団体を表彰するもので、今年度は、応募作品が新聞4、映像7、書籍42、ウェブ2、展示3の計58点でした。

大賞受賞の理由は下記の通りです。
[贈呈理由] 展示企画の顕彰は、開催期間が限られているため難しい。今回は、開催期間中に選考委員に見てもらうことができ、ほぼ全員から高い評価を得たので、展示企画作品として初めての大賞受賞が実現した。多くの来場者が「新しい世界を開いた初版本」に直に触れ、科学の発展に果たした役割を学べた。


[世界を変えた書物]展は、この世界的なコレクションの一端を、中・高校生も含めた市民の皆様に広くご覧いただこうと企画したもので、展覧会場の構成・展示デザインは金沢工業大学建築学科宮下研究室の学生が担当しています。
これまでに、金沢21世紀美術館(2012年)と名古屋市科学館(2013年)、グランフロント大阪(2015年)、上野の森美術館(2018年)で開催し、およそ17万人の方々にご覧いただきました。今年度は9月に福岡のJR九州ホールで開催を予定しています。





▼本件に関する問い合わせ先
金沢工業大学 広報課
志鷹英男
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/32643
提供: