和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月15日(火)

日高川のアユ漁が早期解禁 コロナ影響し釣り人少なく

早期解禁となった日高川に入ってアユを狙う釣り人(7日、田辺市龍神村東で)
早期解禁となった日高川に入ってアユを狙う釣り人(7日、田辺市龍神村東で)
 日高川でアユ漁が早期解禁された7日、田辺市龍神村では、新型コロナウイルス感染拡大に伴う不要不急の外出の自粛が呼び掛けられていることもあり、釣り人はわずかだった。

 日高川漁協は、例年通り早期解禁を5月1日としていたが、県外からの遊漁者などの訪問客受け入れを自粛するようにという県の要請を受け、地域住民の不安も考慮し、緊急措置としてゴールデンウイークが終わるまで延期した。

 龍神村東で午前8時から釣り始めた日高川町の男性(57)は「アユは小ぶりだが川の状態は良い」と話し、1時間ほどで7匹の釣果。毎年早期解禁を楽しみに初日に釣っているが、感染症のことや外出自粛要請が出ている状況を考えると複雑な心境だという。

 日高川漁協では、遊漁券やおとりアユの購買を短時間で済ませることや、体調不良の時は釣りを自粛して適切に受診することなどを呼び掛けている。