和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月19日(土)

印南の農家でカーネーションの収穫体験

色とりどりのカーネーションの収穫体験をしているハウス(印南町宮ノ前で)
色とりどりのカーネーションの収穫体験をしているハウス(印南町宮ノ前で)
 印南町宮ノ前の西山農園(西山和克代表)で、恒例のカーネーションの収穫体験が催されている。17日まで。

 母の日向けに出荷した後の花を、安価で楽しんでもらおうと実施している。ハウス(計17アール)に計7品種を栽培しており、色は赤やピンク、オレンジ、紫などがある。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、利用客にはマスクを着用したり、人との距離を取りながら収穫したりするよう呼び掛けている。収穫用に貸し出しているはさみは、1回ごとに消毒している。

 ハウス内では、好みの色と花の開き具合を見ながら、利用客が花摘みを楽しんでいる。田辺市江川から来た主婦(65)は「通常の半値ほどで買うことができるので、毎年楽しみにしている。今回は50本ほど持って帰って、知り合いに配る」と話した。

 西山代表(29)は「序盤は天気が悪いこともあって、お客さんはそれほど多くなかった。最終日まで収穫できる花はあると思うので、新型コロナ感染に気を付けて利用してもらえたら」と話している。

 時間は午前9時~午後3時。料金は20本500円で1本追加ごとに30円。雨天の場合も実施する。