和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年05月22日(水)

大型連休に備え川舟の安全点検 新宮・熊野川

川舟の安全点検をする勝浦海事事務所の職員ら(26日、和歌山県新宮市南檜杖で)
川舟の安全点検をする勝浦海事事務所の職員ら(26日、和歌山県新宮市南檜杖で)
 行楽客が増えるゴールデンウイークを前に、国土交通省近畿運輸局の勝浦海事事務所(和歌山県那智勝浦町)は26日、世界遺産に登録されている熊野川で新宮市の「熊野川町ふれあい公社」が運航している川舟の安全点検をした。

 小型船舶に対する安全キャンペーン(4月22日~8月30日)の一環。勝浦海事事務所の吉武愼二所長(56)や運航労務監理官ら4人が新宮市南檜杖にある川舟の係留所を訪れ、救命設備や避難誘導体制などを点検した。