和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年05月26日(火)

マツコ・デラックス、ステイホーム生活を振り返り「ひどいもんだった!」

『マツコ&有吉かりそめ天国』感染症予防のための“新しい様式”で収録再開 (C)テレビ朝日
『マツコ&有吉かりそめ天国』感染症予防のための“新しい様式”で収録再開 (C)テレビ朝日
 テレビ朝日系バラエティー『マツコ&有吉かりそめ天国』(毎週金曜 後8:00)で、2ヶ月ぶりにスタジオ収録したVTRが22日に放送される。

【写真】西島秀俊とCM共演した有吉弘行

 スタジオでは、フィジカルディスタンスをとり、マツコ・デラックス、有吉弘行、久保田直子アナウンサーの間にはそれぞれ透明なアクリル板で仕切りが。新しいタイプの座り位置にマツコは「ちょっとやりにくいね、これ(笑)」、有吉も「役所の受付みたい」と苦笑いしつつも、感染症予防に“万全を期した”スタイルでの収録再開となった。

 この日、久しぶりに顔を合わせた2人。「美容院に行けなくて大変だったんじゃない?」という問いかけにマツコが大きくうなずくと、有吉は「ハリーポッターの髪が長くて大きいあの人(ハグリッド)みたいになってるんじゃないかと思っていた」と明かし、マツコを笑わせた。

 ステイホーム期間中の自身を「ひどいもんだった!」と振り返ったマツコ。「どこまで生まれたままの姿に戻れるか試そうと思った」と言い、この日は収録のために「お手入れもしないから、角質もボロボロになってた。今日、コットンで削ぎ落としてきた」そう。髪もネイルも肌のお手入れも、何もしていなかったと話し、「楽しくなってきて、いっそこのままの姿で出ちゃってもいいかなと思った」とぶっちゃけた。

 2ヶ月ぶりの収録で「怖かったもん。しゃべれるかなって」と不安だったというマツコ。有吉も「最近は、この時間帯は、昼寝の時間だった」と明かす。最少人数で距離をとって行われた収録に「しばらくはこういう状態が続くと思ったほうがいいよね」と感想をもらしながら、このご時世、そしてこれからのテレビ番組についても、思うところを語り合う。

 そして、ポン酢を巡る論争で仁義なき戦いを繰り広げている有吉と渡部建にも新たな展開が。今回の放送では、渡部から「今食べるべきテイクアウトグルメ」が提案される。その中で、渡部のこれまでのポン酢へのスタンスを覆すような出来事が起こり…? 果たしてそれに対する有吉の反応とは?

 そこから、ステイホーム期間中、「ご飯をどうしていた?」という話題に。以前から自炊している有吉は、この期間で「めちゃめちゃ上達した」ことを実感しているそうで、「マカロニサラダを大量に作って、サラダに飽きたらそれをグラタンにした」と明かし、マツコを驚がくさせた。

 さらに、土鍋で鯛めしを炊いたことやしいたけの栽培をしていることまで明らかになり、マツコは思わず「一緒に住もうよ、あたし掃除やるから!」と誘いを。「この人やっぱりすごいね…」と、有吉の知られざる一面に度肝を抜かれた様子だった。

ゴリけん、22日のRKB毎日放送『今日感モーニング』で仕事復帰 「ご恩返しすべく頑張って参ります」
『ぐるナイ』で“おバカスター”発掘 連覇のぺこぱシュウペイ、エイトブリッジ別府ら参戦
【動画】鉄拳、新作パラパラ漫画のPR動画が完成 税関職員が主人公「不正薬物やテロ関連物資の密輸を防ぐ姿を…」
テレ東・現役プロデューサー陣が衝撃を受けた門外不出のテープを大放出
祇園花月、クラウドファウンディング開始 リターンはRG『あるある』やGAG『ダサ坊トーク』など
提供:oricon news