和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年05月26日(火)

『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』、オンラインで9月以降に開催へ

昨年開催された『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』の様子
昨年開催された『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』の様子
 8月28日から9月1日の開催を予定していた第30回『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』が、新型コロナウイルスの感染予防と拡散防止に最大限努めるため、オンラインで開催を決定。日程は、9月以降に調整することを発表した。

【画像】『ポケモン』も公開延期に…矢嶋哲生監督もコメント

 同映画祭は、これまで冬に行われていたが、30回目のアニバーサリーイヤーに、夏開催に向けて準備を勧めてきた。しかし、全国・海外から約1万人の来場者があることや、運営スタッフや夕張市民ボランティア、学生ボランティアらの感染リスクを避けるため、夕張市内での上映開催を中止して、オンラインで行う運びになった。

 オンラインでどのような企画を行うのかは準備中で、決まり次第、順次発表される。また、すでに応募された作品については、上映方式と審査上映について、6月末をめどに製作者に直接連絡が届くという。

『SSFF&ASIA 2018』グランプリはシンガポールの監督作品に決定
芸人・永野の“違和感”を斎藤工&金子ノブアキが長編映画化 タイトルは『万力』
森崎ウィン、スピルバーグ監督作品は「ケータリングがすごかった」
『玉城ティナは夢想する』がBranded Shorts of the Year受賞 審査員が絶賛
【動画】TAKAHIRO、主演作でせりふ二言のみ「やり甲斐がありました」
提供:oricon news