和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年07月11日(土)

6月から休業要請全面解除へ 和歌山県、5都道県からは控えて

和歌山県庁
和歌山県庁
 和歌山県は29日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、継続していた「接待を伴う店」などへの休業要請について、6月以降は延長しないことを決定した。これで休業要請が全面的に解除されることになった。一方、政府の方針に従い、5都道県(北海道、東京、千葉、埼玉、神奈川)からの受け入れは18日まで控えるよう求める。

 県は当初、4月25日~5月6日の予定で休業要請し、その後5月末まで延長。「緊急事態宣言」の対象地域から外れたことを受け、16日にテーマパークや映画館、屋内プール、商業施設など、さらに23日にカラオケボックスや屋内スポーツクラブ、大型のパチンコ店やゲームセンターなどを解除した。一方、密接となりやすいキャバレーやナイトクラブ、スナック、バー、性風俗店などや、大阪府で集団感染が発生したライブハウスは5月末までの予定で休業要請を継続していた。

 6月以降は、全業種への休業要請を解除するが、事業者には業界団体が策定している感染拡大予防ガイドラインの順守の徹底を求める。策定していない業界については県がガイドラインを示す。

 休業要請とは別に、県が遊漁船やキャンプ場、ゴルフ場、産直店などを対象に対応を求めていた「特に強く県外からの受け入れ自粛を依頼する施設」も解除する。

 県外からの受け入れ自粛については、6月からは5都道県からに緩和する。県民に対しても5都道県への旅行などでの移動は自粛を求める。6月18日までの予定。

 仁坂吉伸知事は「今後、県外との往来はとやかく言わない。ただ、5都道県は慎重にし、受け入れも控えていただきたい」と話した。

 また、これまでは県外からの帰省や転勤などで県内に入る人に対し、2週間の自宅待機と県への登録を求めていたが、6月以降は5都道県に縮小する。