和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年05月21日(火)

手軽にアウトドア体験 串本にグランピング施設

手ぶらで気軽にアウトドアを楽しめるグランピング施設(和歌山県串本町樫野で)
手ぶらで気軽にアウトドアを楽しめるグランピング施設(和歌山県串本町樫野で)
 和歌山県串本町樫野の南紀串本リゾート大島に、テント泊を楽しむグランピング施設がオープンした。「アウトドアの入り口を広げる」をコンセプトにした施設で西口なおみ支配人(35)は「年齢に関係なく楽しめる。ぜひ一度泊まってみてほしい」と呼び掛けている。

 グランピングとは、グラマラス(魅力的な)とキャンピングを組み合わせた造語。自分でキャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、自然の中でホテル並みのサービスを受けられ、近年人気となっている。

 リゾート大島には4張あり、1張の定員は4人。木造屋根の下に直径6メートルのテントを張っていて、中にダブルベッド2台、エアコン、冷蔵庫、コンセント、テーブル、クッション、照明などを備えている。外にはハンモック、テーブル、椅子などがあり、キャンプ未経験者でも気軽にアウトドアを楽しめる。

 自分でまきを割ってたき火ができ、夕食ではガスグリルでバーベキューを楽しみ、子どもに人気の焼きマシュマロがデザートに付いている。料金は曜日などにより異なるが、2人2食付きで2万6千~5万2千円。大型連休はすでに予約で埋まっている。

 問い合わせはリゾート大島(0735・65・0840)へ。