和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月15日(土)

パンダに子づくりの兆候 白浜、アドベンチャーWの永明と良浜

末っ子の彩浜(右)に母乳を与える良浜=2019年6月、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで
末っ子の彩浜(右)に母乳を与える良浜=2019年6月、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで
 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは8日、ジャイアントパンダの雄「永明(えいめい)」(27歳)と雌「良浜(らうひん)」(19歳)に発情の兆候を確認したと発表した。「注意深く見守り、繁殖の準備を進める」と話している。状況によって2頭の公開を休止するという。

 木や岩に臭いをつける「マーキング」や、独特の鳴き声を発する「恋鳴き」を確認したという。施設では2頭が意識し合うよう、運動場の入れ替えなどをしていた。

 2頭の間には9頭の子どもがいる。良浜はこれまでに6度の出産を経験。うち3回は双子だった。