和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年07月14日(火)

Broker Investment S.R.O.米中の貿易戦争が続く中で外国為替市場の投資家を保護するシェアード・リクイデーション・システム(Shared-Liquidation System)を提供

Broker Investment S.R.O.: 米中の貿易戦争が続く中で外国為替市場の投資家を保護するシェアード・リクイデーション・システム(Shared-Liquidation System)を提供

プラハ、チェコ共和国 - Media OutReach - 2020年6月29日 - 新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミックによって、世界経済や通貨市場は大きな打撃を受けています。しかし、中国元は安定を取り戻しており、1ドル6.84 ~7.09元の幅で値動きしています。米国経済にとって中国が最も重要な役割を果たしていることは明白です。2018年の米中貿易協議のデータによると、米国ミシガン州の対中輸出額は36億ドル、輸入額は104億ドルにも達しようとしていましが、この額は2019年には87億ドルまで低下しています。

そのうえ、トランプ大統領は強硬にパンデミックの発生について中国の責任を主張し、失業率が大恐慌以来の水準に近づく中、中国に対してパンデミック問題に関する金銭的補償までも要求するに至りました。こうして両国間の緊張はさらに高まり、株式市場や外国為替市場にとって脅威となっています。しかし流動性プロバイダー(LP)であるBroker Investment S.R.O (BIS)が提供するのは、世界初のShared-Liquidation System(シェアード・リクイデーション・システム)という新たな投資オプションです。

BISが導入した世界初のシェアード・リクイデーション・システムによって、投資家は1日の平均取引高が6兆ドルに上る外国為替市場から利益が得られるようになります。BISは従来の大規模コンソーシアや銀行とは逆のやり方で、変動の激しい市場における投資家の損失を回避します。BISは人工知能ですべての注文を分析し、投資家に流動性がある安定した注文やブローカー取引を切り出します。フィンテックやインベストメントバンキング、外国為替市場における専門的知識を活かし、BISは投資家に間違いなく利益をもたらすと確信しています。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1806/39773/400_309_202006301247385efab5da5dc47.jpg

BISは市場に流動性を与え、銀行の流動性構造を調整します。BISは2014年にチェコで設立され、チェコ国立銀行(CNB)の認可を受けて金融機関として登録しています。BISは金融機関について厳格な要件を定め、金融システムと投資品質の安全性と安定性を確保するCNBの監督下にあり、金融規制に関する適用法令の順守義務があります。創業から6年が経過した今、BISはパンデミックや貿易戦争の影響に直面する金融業界に新たな希望をもたらす、新しいアソシエイトプログラムを立ち上げました。

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1806/39773/400_267_202006301247405efab5dc9c8ef.jpg

BISはASEAN(東南アジア諸国連合)から新たな市場を開発し、アジア全域に拡大していこうとしています。1年で10万人のアソシエイトを採用して、ASEANのほとんどの国で一日の取引量の1%を占めることによってアジアで基盤を築き、さらにグローバルな展開を目指します。BISは現在、幅広くアソシエイトを募っており、外国為替市場における最大の流動性プロバイダーになると同時に、新たな希望とともに、低リスクで安定した新たなオプションを投資家にもたらします。


本件に関するお問合わせ先
Wilfred Chan
Vibe Media Sdn Bhd
waifei86@gmail.com


プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/39773
提供: