和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月14日(金)

小学校で水泳授業実施へ 感染予防徹底しみなべ町

清掃作業をする児童(2日、和歌山県みなべ町土井で)
清掃作業をする児童(2日、和歌山県みなべ町土井で)
 和歌山県みなべ町内の全5小学校では、新型コロナウイルスの感染症予防策を徹底した上で今年もプールでの水泳授業をする。

 このほどあった小学校の校長会で水泳授業をどうするかの話が出て、町教育委員会とも協議した上で、コロナ対策に努めて実施することにした。

 13日にプール開きを予定している同町土井の高城小学校では2日、教職員と4~6年生が、プール清掃に汗を流した。水を抜いたプール内に入り、ブラシやたわしで壁や床の汚れを落としたり、更衣室やトイレの清掃をしたりした。

 今年の小中学校の水泳授業に関しては、田辺市は原則実施しない方針。印南町もしないことを決めている。みなべ町の各小学校は、更衣室での着替えで密にならないようにしたり、泳ぐ際に多人数がプール内に入らないようにするなど、新型コロナの感染症予防策に努めて実施する。各中学校にはプールがない。