和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月19日(土)

水上に黄色い花 コウホネ咲く

大きな葉の間から顔を出したコウホネの花(和歌山県紀南地方の水路で)
大きな葉の間から顔を出したコウホネの花(和歌山県紀南地方の水路で)
 和歌山県紀南地方の水路などで、スイレンの仲間コウホネが黄色い花を咲かせている。県のレッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。

 コウホネは浅い池や沼、小さな流れのある所に生える。地下茎は太くて地中を横にはう。色は白くて「河骨」と呼ばれるゆえんとされている。水上に伸びた葉は長さ30センチ以上あって大きい。その間から直径5センチほどの花を咲かせる。

 紀南では自生地が限られており、絶滅が心配されている。