和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月09日(木)

手作りのツツジ園見頃 田辺市中辺路町

見頃を迎えているツツジ(和歌山県田辺市中辺路町大内川で)
見頃を迎えているツツジ(和歌山県田辺市中辺路町大内川で)
 和歌山県田辺市中辺路町大内川の山の中にあるツツジ園が見頃を迎えている。中辺路町栗栖川の安谷勲さん(77)が、出身地に長年かけて手作りした。安谷さんは「花の世話をするのは楽しい」と話している。

 ツツジ園があるのは、栗栖川の滝尻王子から国道371号を同市平瀬方面に向かって進み、大内川の春日神社付近を左折して、山中を3キロほど行った場所。

 安谷さんが20年ほど前、大切にしてきた地蔵がある実家の周辺を美しく彩りたいという思いから植え始めた。今では3500平方メートルほどの広さに約300本のツツジを育てているという。

 赤や白、ピンク色をしたツツジの花が園を彩っており、無料で開放中。安谷さんも午後3時ごろから、そばの山小屋にいることが多く、「今年は特に白い花がきれい。見頃は今週いっぱいぐらいだと思う。危険な場所もあるので、注意をしてご覧いただけたら」と話している。

 問い合わせは安谷さん(0739・64・1519)へ。