和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年09月19日(木)

母パンダに「ありがとう」 白浜のレジャー施設

母の日に合わせたプレゼントに興味を示す良浜(左)と彩浜=10日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで
母の日に合わせたプレゼントに興味を示す良浜(左)と彩浜=10日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで
 母の日にちなみ、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは10日、雌のジャイアントパンダ「良浜(らうひん)」(18歳)に、カーネーションの花に見立てたニンジンやパンダの親子をイメージした雪だるまなどを贈った。

 良浜は、これまでに施設で6度の出産を経験し、計9頭の子どもを育てた「お母さんパンダ」として知られる。9頭の父親は「永明(えいめい)」(26歳)。

 昨年8月に出産した末っ子の「彩浜(さいひん)」はまだ独り立ちしておらず、母乳を与えている。この親子で過ごす様子は、施設で一番の人気になっている。

 プレゼントは屋外運動場に用意した。良浜はカーネーションのニンジンを食べ、彩浜は雪だるまに抱き付いて興味を示した。施設によると、体重は良浜が約110キロ、彩浜は15・5キロ。