和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月15日(土)

紀南の山中に黄色い「星」 ヒロハコンロンカ

農道沿いでひっそりと咲くヒロハコンロンカ(和歌山県白浜町の山中で)
農道沿いでひっそりと咲くヒロハコンロンカ(和歌山県白浜町の山中で)
 和歌山県紀南地方の山中で、南方系の落葉低木ヒロハコンロンカ(アカネ科)が、黄色く小さな星形の花を咲かせている。県内では紀南の林縁でしか見られず、県レッドデータブックで絶滅危惧2類に分類されている。

 樹高は1~4メートルほどだが、中には5メートル以上に成長するものもある。葉は2枚が対になっている対生で、長さ15センチ前後の楕円(だえん)形や広卵形をしている。花は6、7月ごろに咲き、萼(がく)の一部が白い花弁状となってよく目立つ。

 谷沿いなどの明るい所に生え、白浜町の山中では農道の斜面から垂れ下がるように枝を伸ばしている。道路の拡幅工事などで伐採される可能性が高い植物。