和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月05日(水)

青山学院大学 福岡 伸一教授(総合文化政策学部)が「大阪・関西万博 テーマ事業プロデューサー」に就任



公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2025年の日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場デザインプロデューサー、会場運営プロデューサー、テーマ事業プロデューサーの合計10名を決定し、青山学院大学 福岡 伸一教授(総合文化政策学部)が、テーマ事業プロデューサーに就任した。




 万博全体のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するため、8つのテーマ(「いのちを知る」、「いのちを育む」、「いのちを守る」、「いのちをつむぐ」、「いのちを拡げる」、「いのちを高める」、「いのちを磨く」、「いのちを響き合わせる」)が設定されており、福岡伸一教授は「いのちを知る」の担当として、パビリオンでの展示やイベントを通じて、テーマを表現し、発信する。



※詳細は、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会の公式サイトをご確認ください。
 https://www.expo2025.or.jp/news/news-20200713-02/


▼取材に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報課
 TEL: 03-3409-8159
 https://www.aoyama.ac.jp/companies/interview.html


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/40058
提供: