和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月05日(水)

平手友梨奈、19歳初表紙は話題のインナーカラー&王冠姿 話題のMVへ込めた思いも告白

『ViVi』9月号の表紙を飾る平手友梨奈
『ViVi』9月号の表紙を飾る平手友梨奈
 今年1月に欅坂46を脱退した平手友梨奈(19)が表紙を飾った、女性ファッション誌『ViVi』9月号(21日発売・講談社)のカバー画像が公開された。19歳になって初めての表紙に、話題となったインナーカラーヘアに王冠をかぶった姿で登場した。

【動画】平手友梨奈がミセスMVで本領発揮! 砂浜で踊り狂う

 撮影日は、自身にとって緊急事態宣言解除後の初取材であり、スタジオには主演映画『響 -HIBIKI-』のワンシーンのような、黒い大きなフードをすっぽりとかぶり現れた平手。スタッフに気づきフードを脱いで「おはようございます」とあいさつし、衣装チェックでは「どれもかわいい」と気に入った表情に。久しぶりの撮影ということで、今の平手がどんな様子なのか、少し緊張しながら迎えたスタッフ一同、その柔らかい表情に撮影への期待を高めた。

 1カット目は丈の長いドレス。スニーカーでさらりと着こなし、カットの合間にはマネージャーに「アチョー」のポーズをしたり、お茶目な一面も。再びカメラを構えると、バレエのように踊りながらくるりと一回転。そのたびにスカートがふわっと舞い上がり、ドラマチックな光景が広がった。

 前回の『ViVi』登場時にファンから大反響だった、大きなクマのぬいぐるみとのカット。今回はそれをバージョンアップさせ、大量のぬいぐるみにまみれる平手を撮影することに。ぬいぐるみに囲まれ王冠をかぶっているという謎のシチュエーションに、「え……どうしよう」と戸惑いながらも、自らいろいろなぬいぐるみを持ったり、向き合ったり、寝転んだり、さまざまなポージングを披露。そのままぬいぐるみと遊び始めた平手に「そろそろ次行きます」とカメラマンが促すと、「ですよね(笑)」と笑顔になりながら、表紙の撮影に進んだ。

 表紙ではゴールドの王冠を着用。そもそも編集部サイドは事前準備の際、「表紙は絶対に王冠で」とは考えていなかった。しかし平手がかぶると、オモチャのような王冠がファッションとして見事に成立。「すごい、かっこいいね……」とそのオーラに圧倒されたスタッフが、「表紙もこのまま王冠で行こう」とその場で判断した。

 演じること、踊ること……ポージングにもそれらは組み込まれ、これまではステージ上で、そして現在はスクリーン上で観客を圧倒し魅了し続けている、彼女の表現者としてのキャリアが凝縮された撮影となった。

 仕事とプライベートの両面をじっくり聞いたインタビューは、2時間近くにおよんだが、途中で「今日、これを話したいと思って来た」と言って一瞬黙った平手は、うつむきながら、言葉を探すように、思いを打ち明けた。

 「今は世界中が大変な状況になっていて。友達や好きな人に会いたいのに会えなかったり、入学式や卒業式を経験できなかったり、甲子園が中止になってしまったり、今しかない大切な時間を奪われてしまった人がたくさんいると思うんです。そんな人たちが少しでも上を向けるような、背中を押せるような、これからの生活を楽しむ気持ちになれるような作品になったらいいなって」

 これは、今月3日に公開され、その表現力が話題となったロックバンド・Mrs. GREEN APPLEの「WanteD! WanteD!」のミュージックビデオについてのこと。平手が久しぶりに踊り、笑う姿に多くのファンが歓喜したが、そこに込められた平手の思いが明らかになった。さらに、前回大好評だった「平手友梨奈にイロイロ聞いてみた」もカムバック。読者から寄せられた多くの質問に回答しており、その中には今後の活動に関するものもあった。

 最新の平手友梨奈が最高の輝きを放った16ページの大ボリューム特集。3種類のピンナップや、「てち」と手書きした色紙の読者プレゼントも実施する。

 同号にはそのほか、「2020上半期国宝級イケメンランキング」で1位を獲得した永瀬廉(King & Prince)や、道枝駿佑(なにわ男子)&佐藤龍我(美 少年)などが登場する。

【写真】満面の笑みがかわいすぎ!前回のViVi登場時は“キャロてち”全開
【写真】ソロ始動 平手友梨奈の新ビジュアルアザーカット
【ライブ写真】平手友梨奈のラストライブに…欅坂46初の東京ドーム公演
【動画】平手センターで「水中不協和音」 欅坂46が1泊2日の共同生活
元欅坂46平手友梨奈、公式サイト開設
提供:oricon news