和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月16日(月)

バラ1200本見頃 白浜温泉のホテル

見頃を迎えているホテルの庭園で栽培されているバラ。約1200本あるという(和歌山県白浜町で)
見頃を迎えているホテルの庭園で栽培されているバラ。約1200本あるという(和歌山県白浜町で)
 和歌山県の田辺・西牟婁のホテルや民家の庭で、丹精込めて育てたバラが見頃を迎え、訪れた人を魅了している。

 白浜町1698、ホテル「浜千鳥の湯 海舟」では、庭園にピンク色の「うらら」や白い「アイスバーグ」などの約130種、計1200本を栽培している。

 庭園を管理している「東農園」(みなべ町)会長の東善彦さん(76)によると、例年と比べて咲き始めは1週間ほど遅かったが、咲き具合は良く、5月いっぱいは楽しめそうだという。

 東さんは「昨年の台風の影響もなく、きれいに咲いてくれた。温泉やパンダに加えて『花の町』というイメージも白浜に定着すれば、よりにぎわうようになるのでは」と話している。