和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月18日(金)

白良浜海水浴場で合同防犯パトロール

海水浴場を歩いてパトロールする町や白浜署、観光商工団体などの関係者ら(23日、和歌山県白浜町で)
海水浴場を歩いてパトロールする町や白浜署、観光商工団体などの関係者ら(23日、和歌山県白浜町で)
 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場が海開きした23日、町や白浜署、観光商工団体などが合同の防犯パトロールを始めた。8月9日まで、犯罪に目を光らせ、水難事故防止を訴える。

 この日の出発式では、町や白浜署、観光協会、旅館組合、商工会、田辺海上保安部の関係者ら約30人が参加。井澗誠町長は「今年は異例の夏。なんとか新型コロナの感染を防ぎ、経済を立て直さなければならない。安全で安心できる白浜にしたい」、白浜署の阪口豊署長は「パトロールは観光客に安心を与えている。今年も安全を守るために頑張りたい」と語った。

 この後、2班に分かれ、のぼりなどを手に海水浴場を歩いて犯罪と水難事故防止を呼び掛けた。新型コロナウイルスの感染拡大防止で、これまで実施していた啓発物品の配布は中止した。

 沖合では田辺海上保安部の巡視船「こうや」と県警の警備艇「きしゅう」が監視、上空からは県警航空隊のヘリコプター「きのくに」がパトロールした。

 白浜署によると、毎年、海水浴場内での置引(窃盗)に気を付けなければいけないが、昨年は届け出はないという。それ以外では、海水浴場周辺で公務執行妨害と自転車盗が各1件あった。