和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月25日(日)

高雄 2位で県大会へ 中学野球、紀南決勝

 県中学校野球大会の紀南決勝大会がこのほど、新宮市のくろしおスタジアムであり、決勝で高雄(田辺・西牟婁1位)が御坊・河南(御坊・日高1位)に1―3で敗れたものの準優勝した。御坊・河南と高雄は、6月22日に上富田スポーツセンター野球場である県大会に出場する。

 紀南決勝大会は県軟式野球連盟と県中学校体育連盟の主催。西牟婁、日高、東牟婁の各支部予選上位の4チームでトーナメント戦をした。

 1回戦で、高雄は緑丘・城南(東牟婁2位)に7―0で5回コールド勝ち。御坊・河南は近大新宮・光洋(東牟婁1位)に10―0で5回コールド勝ちした。

 決勝で高雄は0―2で迎えた5回、1死二、三塁から内野ゴロで1点を返したが、相手投手を打ち崩せなかった。

 高雄の西野桜之介主将(3年)は「チームが一丸になって勝ち進むことができた。県大会でも泥臭く粘り強い野球をしたい」と話している。

 県大会は紀北代表2チームと合わせて4チームが出場する。トーナメント戦で、高雄は午前11時から日進(紀北1位)と対戦する。決勝は午後1時半から。優勝チームは、9月に大阪府である近畿大会に出場する。
【決勝】
御坊・河南
 100 100 1―3
 000 010 0―1
高雄

 〔御〕花本―岡久〔高〕原、中田―中本