和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月12日(木)

丁字路を円形交差点に 田辺市龍神で工事進む

円形交差点にする工事が進む虎ケ峰交差点(和歌山県田辺市龍神村柳瀬で)
円形交差点にする工事が進む虎ケ峰交差点(和歌山県田辺市龍神村柳瀬で)
 和歌山県田辺市龍神村柳瀬の虎ケ峰交差点を、信号機のない円形交差点にする工事が進んでいる。本年度中の完成を目指している。

 円形交差点は、進入した車両が右回りで進行方向に向かうロータリー型交差点。進入時はスピードを落とすため、走行の安全が向上することや、信号待ちの時間が短縮されること、停電の影響を受けないなどの利点がある。

 県道田辺龍神線と県道龍神中辺路線が交わる丁字路を拡張して整備を進めており、用地買収が済んだ箇所で拡張工事が進んでいる。県の田辺龍神線交付金交通安全事業として造る。

 円形交差点の大きさは直径27メートル。中心部に縁石を設け、車道幅は5・5メートル。照明4基を取り付ける。