和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月19日(土)

画期的な除菌剤デバイス「ELECLEAN 360」が感染症流行の抑制に寄与

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008123062-O1-57IZ3sTz

AsiaNet 85087 (1305)

【台北2020年8月12日PR Newswire=共同通信JBN】ELECLEAN. Inc.,は台湾工業技術研究院のスタートアップ企業で、安全で持続可能な地球づくりに取り組んでいる。除菌家電製品に重点を置く当社は、水を利用してその場で電気化学技術により活性酸素(ROS)溶液を生成することに精通している。同社は12日、感染症流行を防ぐ新製品、ELECLEAN 360を発表した。

ELECLEAN 360は、過酸化水素とヒドロキシルラジカルを含むROS溶液を使用、(1)H1N1型インフルエンザ、病原菌、悪臭、有毒なホルムアルデヒドに有効で、ウイルスやその他の有害な病原菌に対して90%以上の殺菌力がある(2)誤って吸入しても、皮膚や目に別状はない-ことが証明されている。さらに、ELECLEAN 360には、ユーザーの使用方法変更の余地を広げるインテリジェント・ガイダンス付きの柔軟なパラメーターを備えており、各電極モジュールは2万5000を超える人々の除菌ができる。

ELECLEAN 360は、台湾国立公共情報図書館によって、Read Exposition来訪者に総合的に安全でクリーンな環境を保証するために採用された。一方、ELECLEAN 360は、アースデー50周年を記念した2020年ナショナルジオグラフィック・ランのランナーが大佳河濱公園(メーン会場)に入る前に、ROS溶液で全身除菌することにより防疫に貢献した。また、ELECLEAN 360は、IZO Health Careグループの診療所やフィットネスセンターに入る訪問者の除菌に使用されている。

ELECLEANの最高経営責任者(CEO)、Chen博士は「われわれが目指しているのは、化学薬品を一切添加せずに消費者向けに効果的で安全な除菌剤を即座に製造することだ」と語った。世界中の報道機関は、COVID-19のパンデミックの最中に公共スペースでアルコールベースの除菌剤を使用しても、極めて限られた効果しかないと報じた。それは個人が犠牲を強いられるだけでなく、公衆衛生を危険にさらすことにもなる。さらに、アルコールベースの除菌剤を使用することで空気中のアルコール濃度が徐々に上がり、室温上昇を引き起こし、火災につながる可能性もある。最後にではあるが重要なのは、ELECLEAN 360は国泰総合医院の元小児科部長、Hung-Tsai Liao医師が「ELECLEAN 360の厳格な衛生・安全設計は、欧州の規格に準拠している。ほんの数秒で服や靴の微生物/ウイルスの量を効果的に減らすことができる。医師として、安全で効果的な除菌は、人を救うわれわれの職場で重要な役割を果たしている」として、強く推奨していることである。

詳細については、www.eleclean.com.tw やFacebook https://www.facebook.com/ELECLEAN.COM.TW を参照。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200811/2882048-1

ソース:ELECLEAN Co., Ltd.

画像添付リンク
Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=369044
(写真説明:ELECLEAN 360は台湾国立公共情報図書館で全身除菌に使われている)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202008123062
提供: