和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月18日(金)

HEVC Advanceライセンサー、VestelおよびXiaomiに対する HEVC特許侵害訴訟をデュッセルドルフ地方裁判所に提起

AsiaNet 85141

HEVC Advanceライセンサー、VestelおよびXiaomiに対する HEVC特許侵害訴訟をデュッセルドルフ地方裁判所に提起

Mas Elektronik社、HEVC Advance特許プールのライセンシーに

ボストン, 2020年8月17日 /PRNewswire/ -- HEVC Advance(「Advance」)は本日、HEVC/H.265デジタル映像符号化規格の必須特許を侵害したとしてVestel Germany GmbH(「Vestel社」)ならびにXiaomi Technology Germany GmbH、Xiaomi Technology Netherlands B.V.、Xiaomi Technology France S.A.S.、およびXiaomi Inc.(「Xiaomi社」)に対し個別の特許侵害訴訟を、HEVC Advance HEVC/H.265特許プールの複数特許権者がドイツのデュッセルドルフ地方裁判所に提起したと発表しました。訴状によると、Vestel社はHEVC/H.265技術を組み込んだテレビやセットトップボックスをドイツで提供し、Xiaomi社はHEVC/H.265技術を組み込んだモバイル製品をドイツで提供しています。

Advanceはさらに、MAS Elektronik Aktiengesellschaft(「MAS社」)がHEVC Advance特許プールのライセンスを取得したと発表しました。これは、HEVC/H.265デジタル映像符号化規格の必須特許を侵害するとして、MAS社に対するドイツ・デュッセルドルフ地方裁判所における特許侵害訴訟においてHEVC AdvanceライセンサーであるGE Video Compression, LLC、Dolby International ABおよびKoninklijke Philips N.V.が最近有利な判決を受け、また差止請求が認められたことを受けてのものです。  同裁判所は、主張されたすべての特許はMASのHEVC/H.265準拠製品(セットトップボックス、TV、タブレット型コンピュータ)により侵害を受けたと判決し、また重要な点として、MAS社に提供されたAdvanceのライセンス条件および実施料は公平、合理的、かつ非差別的(「FRAND」)であると判決しました。MAS社がライセンシーとなることから、原告3社が提起した特許侵害訴訟に関連するすべての訴訟は解決されました。

HEVC Advanceについて
HEVC Advance LLCは、最も重要な規格に基づく映像コーデック技術の必須特許ライセンシングのための特許プールを発展、運営、管理推進するために設立された、独立系ライセンスアドミニストレーターです。Advanceは、特許権者および特許実施者の両方に透明性のある効率の高いライセンスメカニズムを提供しています。Advanceに関する詳細情報は、www.hevcadvance.comをご覧ください。

連絡先:press@hevcadvance.com



 (日本語リリース:クライアント提供)









プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202008173140
提供: