和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年05月27日(月)

Cambium Networksが2019年第1四半期の無線Connectivity Hero Award受賞者を発表

Cambium Networksが2019年第1四半期の無線Connectivity Hero Award受賞者を発表

AsiaNet 78756 (0869)


【ローリングメドウズ(米イリノイ州)2019年5月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*ボランティアとして自らの時間を割き、学校や災害復旧シェルターをコネクトするリーダーを表彰

無線ネットワーキングソリューションで世界をリードするCambium Networks(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2467602-1&h=4274666806&u=http%3A%2F%2Fwww.cambiumnetworks.com%2F&a=Cambium+Networks%2C )は15日、2019年第1四半期のCambium Networks Connectivity Heroes(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2467602-1&h=2265306232&u=https%3A%2F%2Fwww.cambiumnetworks.com%2Fconnectivity-hero-winners%2F&a=Cambium+Networks+Connectivity+Heroes )を発表した。Consulnetworksのロベルト・コンスタンテ(Roberto Constante)氏と、Information Technology Disaster Resource Centerのクリス・ヒルズ(Chris Hillis)氏は、時間と能力を困っている人々に惜しみなく捧げる通信業界のプロフェッショナルである。学校や災害復旧センターでWi-Fiコネクティビティーを提供する彼らの取り組みは、目先の人々を助ける。しかし、彼らの能力の共有にはもっと多くのことがある。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/887457/Cambium_Networks_Connectivity_Hero.jpg

この2人のヒーローは独りではない。2人は共通の目標を分かち合う同僚とともに仕事をするリーダーである。Cambium Networksのアトゥール・バトナガル社長兼最高経営責任者(CEO)は「受賞者2人は、困っている人々を助けるために自らの時間と能力を提供する半面、コミュニティーや目的の意味をより深く理解できることに気付いている。われわれはコンスタンテ、ヒルズ両氏を祝福するとともに、困った人の支援を率先する組織の面々に敬意を表したい。Cambium Networksは彼らが選んだ慈善事業に1000ドルを寄付できることをうれしく思う」と語った。

Ovum Researchのサービスプロバイダーテクノロジーのプラクティスリーダーであるダリル・スクーラー氏は「手ごろな価格の信頼できる無線コネクティビティーをそれが現在不足している世界の遠隔地に展開することは、これらの地域における生活の質の向上に大きく寄与する。インターネットはわれわれの学習、仕事、コミュニケーションの方法を根本的に変革した。インターネットにアクセスできない人々は教育面でも経済的にも後れをとるリスクにさらされている。アクセスできる人とアクセスできない人のインターネットギャップは、堅ろうなブロードバンドコネクティビティーをあらゆる地域のすべての人々に提供する方法を見つけ出さない限り、大きくなる一方である。Cambium Networksのような企業はパートナーと協力し、権利を奪われた世界中のコミュニティーに信頼できるコネクティビティーを提供するために使用できる装置を寄付することによって、このギャップを埋めようとしている」と語った。

*Consulnetworks(http://www.cnw.co/ )のロベルト・コンスタンテCEO-コンスタンテ氏は日常業務で、技術販売業者として政府機関と提携し、南米の農村地域の公立学校にコネクティビティーを提供している。同氏はエクアドルの自宅からもプライベートな時間を使ってローターアクト組織と協力して子どもの生活を向上させる社会事業を行っている。コンスタンテ氏は「すべての人は何らかの使命を受けて生まれてきたと思う。私の使命は、私が持っているもので人々を支援し、私に与えられたものの一部を世界に返すことに努めることであると考える。子どもを支援する社会事業を行うことで、それが成し遂げられる」と語った。同氏が指名した慈善事業はFundación Rotaria Colombiaである。ウェブサイト:https://www.rotary.org/es/about-rotary/rotary-foundation

*Information Technology Disaster Resource Center(https://itdrc.org/ )(ITDRC)の共同創設者であるクリス・ヒルズ氏-ITDRCは大惨事後の危機的な数日、数週間にわたりWi-Fiコネクティビティーと技術的リソースを提供することによって、米国の多数のコミュニティーで数千の災害生存者とレスポンダーをコネクトする。ヒルズ氏は「ITDRCは約1500人のサービス志向のボランティアの技術専門家から構成されている。それぞれのメンバーのモティベーションは若干異なるものの、チームは他者への奉仕を通じて結束している。われわれは善いことのために自らのスキルを使用できると確信している。われわれは、単に隣人を支援する隣人であるだけだ」と語った。ヒルズ氏が指名した慈善事業はITDRCである。ウェブサイト:https://www.itdrc.org

Cambium Networksは四半期ごとに新しいメンバーをConnectivity Hero Award受賞者に追加している(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2467602-1&h=776033224&u=https%3A%2F%2Fwww.cambiumnetworks.com%2Fconnectivity-hero-winners%2F&a=Connectivity+Hero+Award+winners )。これらの人々は思いやりと献身を体現し、これは行動を伴えば世界を変える可能性がある。この種の人物を知っていれば、少し時間を割いて、その人物を将来の賞に推薦していただきたい(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2467602-1&h=108331683&u=https%3A%2F%2Fwww.cambiumnetworks.com%2Fconnectivity_hero%2F&a=nominate+them+for+a+future+award )。

Connectivity Hero Awardの諸条件(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2467602-1&h=693530430&u=https%3A%2F%2Fwww.cambiumnetworks.com%2Fconnectivity_hero_terms%2F&a=Connectivity+Hero+Award+Terms+and+Conditions

▽Cambium Networksについて
Cambium Networksは、人、場所、モノの結び付きを強める無線コネクティビティーソリューションで世界をリードするプロバイダーである。厳しい条件下で機能し、信頼性があり、スケーラブルで、安全なクラウド管理のプラットフォームのエンドツーエンド無線ファブリックを提供することを専門とするCambium Networksは、サービスプロバイダーや企業、産業、政府のネットワークオペレーターがインテリジェントなエッジコネクティビティーを構築するのを支援している。シカゴ郊外に本社を構え、米国、英国、インドに研究開発センターを置くCambium Networksは、信頼できる世界中のさまざまな流通業者を通じて販売している。www.cambiumnetworks.com

▽報道関係問い合わせ先
Sara Black
213.618.1501
sara@bospar.com

ソース:Cambium Networks



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201905166437
提供: