和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月31日(土)

カリガネソウがユニークな形の花

カリガネソウ
カリガネソウ
 和歌山県紀南地方の山中で、カリガネソウがユニークな形をした花を咲かせ始めた。

 低山の林縁に生え、高さ1メートルほどになるシソ科の多年草。花の大きさは2センチ程度で青紫色をしており、おしべとめしべが弓なりに突き出た面白い姿をしている。花の様子を雁(かりがね)に見立てたのが名前の由来という。

 田辺市中辺路町道湯川では、熊野古道の迂回(うかい)路となっている林道沿いで見ることができる。