和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年12月06日(日)

市道沿いにサルスベリ鮮やか 田辺市の新庄総合公園近く

新庄総合公園第1駐車場付近の市道沿いに咲いているサルスベリ(和歌山県田辺市たきない町で)
新庄総合公園第1駐車場付近の市道沿いに咲いているサルスベリ(和歌山県田辺市たきない町で)
 和歌山県紀南地方の沿道や家の庭などで、サルスベリ(ミソハギ科)がピンク色や白色の花を咲かせ、行き交う人々を楽しませている。

 田辺市たきない町の新庄総合公園第1駐車場付近から内之浦ひがた親水公園に向かう約500メートルの市道沿いでは、街路樹として100本以上が植えられている。樹高は3~4メートルある。

 市管理課によると、9月中旬まで楽しめるという。

 サルスベリは、初夏から秋まで、長い期間花を咲かせることから別名「百日紅」とも呼ばれる。園芸種として一般の庭や公園でもよく植えられている。