和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月16日(日)

日本製鉄 省合金型二相ステンレス鋼「YUSⓇ2120」シームレス鋼管が株式会社みらい造船の油圧配管に初採用

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、日鉄ステンレス株式会社が開発した省合金型二相ステンレス鋼「NSSC2120Ⓡ 」と同等材質の「YUSⓇ2120」シームレス鋼管を新たに開発し、商業生産を開始しましたのでお知らせいたします。

「YUSⓇ2120」は「NSSC2120Ⓡ」と同等の化学成分(21Cr-2Ni-3Mn-Cu-N)を有し、汎用鋼であるSUS304(18Cr-8Ni)と比較して、省合金型でありながら2倍の強度(耐力)および同等以上の耐食性を併せ持っております。特にSUS304シームレス鋼管の代替として「YUSⓇ2120」シームレス鋼管を適用することで、高強度特性を活かした最大約50%の薄肉設計や、耐食性改善による設備長寿命化など、ライフサイクルコスト低減への寄与が期待できます。また、「YUSⓇ2120」は省合金(合金削減)により省資源化に貢献するステンレス鋼材です。

このたび新製品の「YUSⓇ2120」シームレス鋼管が、「株式会社みらい造船シップリフト向けオートテンションウインチ油圧配管工事」に初めて採用となりました。採用いただいた五洋建設株式会社、三井造船特機エンジニアリング株式会社からは、設計・施工における優れた経済合理性および施工性(溶接性)を評価頂いております。

日本製鉄は、今後も伸びゆくインフラ需要に鋼材の面で貢献してまいります。

■株式会社みらい造船 採用事例概要
 施主 : 株式会社みらい造船(宮城県気仙沼市)
 施工 : 五洋建設株式会社-三井造船特機エンジニアリング株式会社
 用途 : シップリフト向けオートテンションウインチ油圧配管
 鋼材 : 配管用省合金型二相ステンレス鋼鋼管YUS2120TP 9.2トン
 竣工 : 2019年5月末

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/84/32921/700_382_201905201258405ce225f055609.jpg
シップリフト(左)およびオートテンションウインチ(右)


[画像2]https://digitalpr.jp/simg/84/32921/700_543_201905201251175ce22435c8ca5.jpg
YUSⓇ2120シームレス鋼管の敷設状態


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977



[画像3]https://digitalpr.jp/simg/84/32921/500_62_201905201251385ce2244af0162.jpg




プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/32921
提供: