和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月29日(木)

パーフェクトワールドのRuby Wang氏:文化産業の地平線上にさらなる開発の機会が

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114248-O2-oEEFXf74

AsiaNet 85511 (1536)

 
【北京2020年9月10日PR Newswire=共同通信JBN】第15回China Beijing International Cultural Industry Expo(中国北京国際文化産業博覧会)(ICIE)とChina Cultural Industry Development Forum(中国文化産業開発フォーラム)が9月5日、北京で開催された。このフォーラムは、「明るい未来の共有に向けた文化的共存と産業統合-ポストコロナ時代における中国の文化産業の高品質な発展」をキャッチフレーズに掲げ、「ポストエピデミック時代の新しい文化消費」をテーマにしたラウンドテーブル・ダイアログが注目を集めた。パーフェクトワールド(Perfect World)の上級副社長兼スポークスパーソンで、Perfect World Education会長のRuby Wang氏がこのイベントに参加した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200908/2909979-1

Wang氏は、ポストエピデミック時代の文化的消費は、他の形式の消費と同様に、国内および世界の経済サイクルに影響を与える一般的な傾向を踏まえて分析する必要があると述べた。「一方でエピデミック期間に発展した文化的消費に関する新しい習慣が標準になると予想され、また一方では、経済的な『内部循環』がより高品質の文化製品を必要とする市場を作り出し、将来、文化産業により多くの機会をもたらすだろう」と、Wang氏は語った。

eスポーツ業界は、この2年間で急速に成長している。International DOTA 2 Champions(TI10)の賞金プールは現在3500万米ドルを突破し、昨年のTI9の3433万米ドルを超え、1つのeスポーツ大会でのクラウドファンディングの金額と早さにおいて再び新記録を更新した。

ただし、業界は引き続き合理的かつ客観的に評価される必要がある。Wang氏が詳しく説明したように、今日のeスポーツ業界は急速に発展した結果として、2つの課題に直面している。1つは人材の不足、もう1つは全く新しいキャリアに踏み出すことへの若者世代のためらいだ。

Wang氏は「しっかりした教育と研修システムを確立する必要がある」と指摘したうえで、教育検定と複数の職業技能レベル証明書(1プラスX証明書パイロットシステム)で構成されるパイロットプログラムがeスポーツとデジタル文化およびクリエーティブ産業における多くのプロ人材育成の一助になると語った。

このプログラムは、2019年1月に中国の国務院によって開始された。

Wang氏は、eスポーツを自然なデータベースとして、5Gや人工知能などの新しい技術と統合することについても言及した。新しい技術によって推し進められ、AIのライバルは、没入型体験を作成するためARやVRを使用している一般的なプレーヤー向けに導入されるだろう。将来的には仮想スタジオも作成され、仮想アンカーはゲームを観戦し、ゲーマーと会話を交わす。これにより、eスポーツセクターの市場が拡大し、開発の機会が増えるだろう。

ソース:Perfect World Co., Ltd.

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371125
(写真説明:ラウンドテーブル・ダイアログでスピーチするパーフェクトワールド上級副社長兼スポースクパーソンでPerfect World Education会長のRuby Wang氏。)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202009114248
提供: