和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月21日(月)

お祭りが中止なら家でやっちゃえ 母手作り屋台に喜ぶ子どもたちの姿に「何よりも私が楽しかった」

母・ぽんぽん子育てさんが自宅で開いた手作り屋台(出典:ライブドアブログ)
母・ぽんぽん子育てさんが自宅で開いた手作り屋台(出典:ライブドアブログ)
 チョコバナナに焼きそば、からあげにとうもろこし…、屋台メニュー盛り沢山の夏祭りを自宅で開いたぽんぽんさん。自由に出かけられなかった今年の夏休みに、去年の楽しかった夏祭りを思い出し、「家でやっちゃえ!」と朝5時起きで準備したとのこと。小学生と幼稚園児の2人のお子さんが大喜びだったのはもちろん、何よりも母・ぽんぽんさん自身が準備含めて「すごく楽しかった」というが、改めて自家製夏祭りの家庭内の反響と感想を聞いた。

【漫画&写真】クオリティが高すぎる…!射的に綿あめ、自家製屋台ほか

■「夏の思い出をひとつも作ることができないと思うと切なくて…」当日は朝5時起きで準備

――自宅でお祭りを開こうと思ったのはどうしてですか。

【ぽんぽんさん】去年のブログを読み直していたときに、昨年の夏休みは子どもたちを色々なところへ連れて行き、お祭りにもたくさん行って楽しそうにしていたことを思い出しました。今年はコロナの影響で、知っている範囲ではすべてのお祭りが中止されていたため、夏の思い出をひとつも作ることができないと思うと切なくなり「お祭りないなら家でやっちゃえ!」とやることにしました。

――実際にお祭りを開いてみていかがでしたか。

【ぽんぽんさん】大人も子どもも家族みんな大喜びでした。子どもたちは、やってみたかったという屋台の店員にもなれて満足した様子でした。特に、かき氷屋さんはその都度作って提供しなきゃいけないので、料理をしている気分になれたし本物のお店屋さんみたいで楽しかったようです。ここぞとばかりに好きな物ばかりを食べてお腹を膨らませていました(笑)。私自身も屋台がいっぱい並ぶお祭りが大好きなので、準備も当日もとても楽しかったです。

――SNS上でも大きな反響がありましたね。

【ぽんぽんさん】あんなに多くの方に見ていただけるとは思わず、正直驚きました。行きたい、食べたい、楽しそう、うちでもやってみようなどいろいろな声をいただきましたが、「子どもたちのために用意して“私が楽しかった“とお母さんが言えるのが一番いい」というコメントにはハッとしました。親も一緒になって楽しむ、楽しめるというのは子どもたちども供にとっても嬉しいことですもんね。

――出し物の豊富さにも驚きました。

【ぽんぽんさん】初めは食べ物だけを考えていたのですが、去年行ったお祭りを思い出しながら、自分が食べたいものと子どもたちがいつも食べるものを書き出していき、あのメニュー数になりました。あとは、去年のお祭りでやりたいと言ったけど、銃が重くてできなかった射的を家でならできるかも?と思い作りました。本物のお祭りと違って、取れるまで何度もおもちゃの銃を打つことができたので、悔しい思いもせず楽しめたようです。

――準備は相当時間がかかったのでは?

【ぽんぽんさん】お菓子や料理の材料・画用紙を買うのに1日、お祭りの前日の夜中に屋台を作り始め、当日朝は5時に起きて料理をしました。本当は子どもたちに屋台のメニューを書いてもらうつもりでいたのですが、前日は習い事でバタバタしてしまい出来ず、私が1人で作りました。ただ、当日の朝私が料理をしている間に、家の間取りに「屋台」や「射的場」「わたあめ」「プール」などと書いた地図を作ったり、道案内の看板を自由帳で作って壁に貼ったりと、会場をよりわかりやすくする工夫を自分たちで考えてやってくれていました。

■「元々は人前で泣くことなんてなかったのに…」子どもたちの成長に刺激をもらう毎日

――夏休みが短くなったりと、新型コロナウイルスの影響が続いていますが、自宅での過ごし方にどのような変化がありましたか。

【ぽんぽんさん】出かけるのが好きな家族で、毎週のようにショッピングモールや遊園地、水族館、動物園、博物館などに行っていたのですが、自宅と庭で過ごすことがほとんどになりました。今の暑い時期だと公園にも行きたがらないので、庭にプールを出したり、家の中でフィットネスゲームをやることが多かったです。春頃にはしゃぶしゃぶ食べ放題のお店を自宅で再現して、そちらも大きな反響がありました。

――子育てをされる上で、驚いたことがあれば教えてください。

【ぽんぽんさん】元々は人前で泣いたり感動しても涙を流すなんてことはなかったのですが、子どもが生まれてからは子どもが何かできるようになる度に感動。ちょっと重たく大きくなっただけでもしみじみ感動。自分の子じゃなくても頑張ってる様子を見るだけで涙涙で、自分自身の変化に驚いています(笑)。子どもたちから学ぶことも多く、上の子のゲームデータを下の子が誤って消してしまった時の上の子の寛大さは大人の私も見習わなければと思いました。

――不安な日々が続きますが、自由に出かけられるようになったらお子さんとどこに行って、何をしたいですか。

【ぽんぽんさん】まずは実家のある札幌に帰りたいですね。父にはしばらく子どもたちと会わせることができていないので。そして北海道の美味しいソフトクリームとラーメンとジンギスカンを食べて温泉に入りたいです。あとは今年1月にディズニーランドに行く予定でしたがキャンセルして、それからずっと行けていないので落ち着いたら連れて行ってあげたいです。

(出典:ライブドアブログ)

【育児シルバニア写真】「あれ…やけに静かだな…」疑うママをよそにシルバニア赤ちゃんの行動は?
【漫画】息子がいじめ加害者に! 息子の言い分とは…
【写真】子猫の育児にいそしむ…心優しき犬・カイルくん
ヨンア、3歳息子との自宅あそびを公開「豪邸!」「こんなに遊んでくれるお母さん素敵」
【写真】飲みに行けない旦那さんのために開いた”妻居酒屋”メニューほか、夫婦仲良しショット
提供:oricon news