和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月23日(金)

Xinhua Silk Road:CEISが2020年の中国・ロシア経済貿易指数リポートを公表

AsiaNet 85654 (1623)

 
【北京2020年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】2020年中国・ロシア経済貿易指数リポート(China-Russia Economic and Trade Index Report (2020))が16日、中国経済情報社(China Economic Information Service 、CEIS)により公表された。

リポートは、中国およびその地方とロシアとの間の貿易量を反映するもので、定量化可能な指数システムの構築を通じ、両国間貿易の発展レベルやトレンドを科学的にモニターした。

指数の結果によると、中国・ロシア貿易指数は2019年、着実な上昇傾向を示し、2018年に比べ12.66%上昇した。

毎月の中国・ロシア経済貿易指数によると、COVID-19により世界の貿易が急激に縮小したにもかかわらず、中国・ロシア2国間貿易は両国間の経済貿易協力の大きな復元力と潜在力を反映して上昇傾向を維持した。

貿易補完性指数に基づけば、中国の対ロシア輸出のうち貿易補完性の強い製品は、原材料、機械、輸送機器に分類される完成品と、食品、繊維、鉄鋼、機械を含むその他さまざまな完成品である。ロシアの対中国輸出のうち食用でない原材料、化石燃料および潤滑剤は、補完性が非常に高い。

産業内貿易指数は、中国とロシアが食品産業で、次いで加工製造業で、最も高度な分業を享受していることを示している。消費財小売業界における分業は一段と最適化されつつある。

リポートの結果は、両国間の経済貿易協力の規模と質が継続的に改善し、将来が有望であることを完全に反映している。

中国黒竜江省の省都であるハルビンは、ロシアとの貿易において地理的に有利である。ハルビン市放射線指数(Harbin City Radiation Index)の発表は、ロシアとの協力の地域センターとしてのハルビンの発展のための意思決定支援を提供することが可能である。

ハルビン市放射線指数は2019年に149.46ポイントで終了し、前年比13.01%上昇した。

中国・ロシア経済貿易指数の最初のリポートは、2019年6月に正式に発表された。

中国経済情報社(CEIS)は、新華社の経済情報ビジネスの統合的管理・運営を担う中核組織である。CEISの国家金融情報プラットフォームである「Xinhua Finance」は、中国の経済発展と金融セキュリティーに役立っている。中国の全ての分野における最初で唯一の指数サービス機関である「Xinhua Indices」は、資本市場、産業、都市開発、ブランド構築における多くの影響力のある指数商品を育成している。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/316240.html を参照。

ソース:Xinhua Silk Road Information Service



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202009184575
提供: