和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

子供の80%はヒーローが健康的な食品を食べていると知れば真似したがることが、ベコの調査で明らかに

子供の80%はヒーローが健康的な食品を食べていると知れば真似したがることが、ベコの調査で明らかに

AsiaNet 78809


18か国でベコの行った世界規模の調査が、子供の健康的な食生活に対する姿勢とサッカーに対する姿勢の差を浮き彫りに

果物と野菜を毎日取ると良いことを知っていたのは、子供のわずか5分の1

イスタンブール(トルコ)、2019年5月21日/PRニュースワイヤー/ --

本日、ヨーロッパ大手家電ブランドのベコ(Beko)が、子供の健康的な食生活の知識と、サッカーの知識や興味とのギャップを示すグローバル調査の結果を発表しました。

先月ベコはFCバルセロナ(FC Barcelona)、バルサ財団(Barca Foundation)、ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)の支援を得て、18か国の6歳から10歳の子供達13,500人以上を対象に調査を行いました。この調査結果は、子供たちが健康的な食生活よりもサッカーの方にはるかに詳しく、健康的な食品の選択に関しては良い影響を受けることを示しています。

なぜ健康的なものを食べるのかとの質問に、18か国で3分の2以上の子供は体に良いと知っているからと答えました。さらに、ヒーローが健康的な食生活に真剣に取り組んでいることが分かれば、自分も健康的な食品を食べることにもっと興味がわくだろうと、80%[1]の子供が答えました。

70%[2]以上の子供はプロサッカーチームの選手の数を知っていますが、毎日摂取すべき果物や野菜の望ましい量を知っているのはわずか5分の1[3]でした。フランスの子供の78%と英国の子供の68%が正しく答えており、米国(16%)、ブラジル(11%)、ロシア(9%)、中国(3%)と比較して際立っています。

ベコは、子供たちが健康的な食生活の知識を深めるにはヒーローの手助けが必要かもしれないと考えます。ベコの「プロ選手のように食べよう(Eat Like A Pro)」キャンペーンの根本は、子供たちをヒーローのように食べる気にさせることです。FCバルセロナの選手お気に入りの健康的なレシピをオンライン(http://www.beko.com/eatlikeapro )で共有することで、ベコは世界中の家庭が家での食事を見直すようになることを願っています[4]。

ユニセフおよびバルサ財団と共同の「プロ選手のように食べよう」の取り組みは、世界中の子供の肥満防止を目的として始められました。受賞歴のあるオンラインキャンペーンでFCバルセロナのヒーローたちの支援を得たベコは、50万人以上の子供たちを対象としたユニセフの6つのプログラムの資金として、100万ユーロを寄付しました。

ベコはFCバルセロナの選手で「プロ選手のように食べよう」のグローバルアンバサダーであるジェラール・ピケが出演するビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=H2xiIEdU7pU&feature=youtu.be )と併せてこのグローバル調査を発表しました。ピケはビデオの中である教室にサプライズで登場すると、サッカーと食べ物の知識に関するクイズを出し、自分の健康的な習慣を話して子供たちにやる気を起こさせます。

10人中7人[5]の子供たちは、健康的な食生活について学ぶよりも新しいサッカーの技を身に付けたいと認めていますが、ベコは好ましい変化を起こし、子供たちがこのことでFCバルセロナのサッカーのヒーローたちと関り合うことを促す決意です。

ベコの最高マーケティング責任者、ゼイネップ・ヤリム・ウズンは、次のようにコメントしました:「FCバルセロナ、バルサ財団、ユニセフとの連携で当社は、深刻な世界的問題であり、我々が変化を起こせるのではないかと感じる問題に取り組むキャンペーンを展開しました。この調査結果は、子供の肥満を防止するためにまだやるべきことが残されていることを裏付けていますが、各家庭を助け、世界中の子どもたちがより健康的な生活を送るように刺激を与える上で「プロ選手のように食べよう」が重要な役割を果たせることを示しています」

ユニセフ・グローバルの栄養シニアアドバイザーであるローランド・クプカは、以下のようにコメントしています:「ユニセフは、世界の子供たちの太り過ぎと肥満の割合の増加を懸念しています。この気掛かりな傾向を覆すために、子供の健康的な食生活を推進するのは極めて重要です。ベコ、FCバルセロナとの提携は、健康的な食生活と活動的なライフスタイルをあらゆる地域の子供と青少年の基準とするユニセフの戦略の一環です」

FCバルセロナの選手、ジェラール・ピケは、次のように付け加えました:「子供の頃、僕は健康的な食べ方に興味がなく、サッカーのことしか頭になかったのですが、バルサに入り、チームの栄養士さんたちに教わるようになって一変しました。この素敵な競技に対する世界中の子供たちの情熱を見て、自分やチームメイトが彼らに影響を与えていると知るのは素晴らしいことです。僕たちには子供たちを健康的な食事をする気にさせるという重要な役割があり、ベコの「プロ選手のように食べよう」キャンペーンを通してそれができることを大変嬉しく思います」

さらに詳しくお知りになるには、http://www.beko.com/eatlikeapro をご覧ください。

参照:
[1] 質問を受けた13,500人以上の子供の80%
[2] 質問を受けた13,500人以上の子供の72%
[3] 質問を受けた13,500人以上の子供の21%
[4] http://www.beko.com/eatlikeapro
[5] 質問を受けた13,500人以上の子供の71%

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/888538/Pique_Global_Ambassador.jpg
写真 - https://mma.prnewswire.com/media/888539/Pique_Eat_Like_a_Pro.jpg
写真 - https://mma.prnewswire.com/media/888554/Beko_Infographic.jpg
ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/888537/Beko_Logo.jpg


(日本語リリース:クライアント提供)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201905216624
提供: