和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月26日(木)

【産業能率大学】Z世代の価値観と消費はコロナ禍でどう変わった?「ミライマーケティング研究会 2020年秋」を開催



産業能率大学(東京都世田谷区)経営学部 小々馬敦教授のゼミは、9月28日(月)に、「ミライマーケティング研究会」をオンライン(同大キャンパスより配信)で開催します。
同研究会はZ世代の若者とマーケティングの実務家の対話の縁を結び、世代を超えてこれからの時代のマーケティングについて洞察することを目的とし、これまで定期的に開催しています。今年度は7月に初めてオンラインで開催し、300名に及ぶマーケッターの方々に参加いただきました。今回は、「Z世代の価値観と消費はコロナ禍でどう変わった?」をテーマに、コロナ禍以降のSNS利用・広告受容・消費に対する態度変化の最新レポートなどを紹介します。




【開催概要】
名称:ミライマーケティング研究会 2020年秋
テーマ:『Z世代リアルレポート2020秋』~Z世代の価値観と消費はコロナ禍でどう変わった?~
開催日時:2020年9月28日(月) 16:00~17:30
開催方法:Zoomウェビナー(事前登録制)
参加申し込み:Eメール(brand-m@mi.sanno.ac.jp)より申し込み (参加費無料)
主催:産業能率大学 小々馬敦ゼミ  
後援:公益社団法人 日本マーケティング協会
ファシリテーター:産業能率大学 経営学部 教授 小々馬敦
パネラー:小々馬ゼミ学生 長島優香(経営学部マーケティング学科3年)、中野創太(同3年)、青木栞(同3年)
ゲスト:株式会社コーセー 商品開発部の皆さま(オンラインによる参加)

【学生コメント】 長島 優香 (経営学部 マーケティング3年)
今回のミライマーケティング研究会では、コロナ禍でのZ世代の価値観やコミュニティの変化について、参加者とともにダイアローグしていきます。私たちが日々感じている事と、社会人の方が感じている事にはまだまだギャップがあると感じています。当日は株式会社コーセー 商品開発部の皆様にもお越しいただき、実務家の方々と私たちZ世代の溝を埋めていきたいと考えています。

【小々馬ゼミ】
産業能率大学経営学部小々馬敦教授のゼミでは、「マーケティングとブランディング」を専門領域とし、企業とのコラボレーションや公開セミナーの企画運営、出版、研究レポート・論文の発信等の研究活動を行っています。企業とのコラボレーションでは、商品開発やマーケティングチームにメンバーとして参加したり、企業が直面している実際のマーケティング上の問題を解決するために多様な専門性を有する実務家の方々と協働する「ハンズオン・プロジェクト」に取り組み、企業活動をライブに実体験することにより専門的な資質を高めています。



【産業能率大学】
ホームページ: https://www.sanno.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
企画課
住所:〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
TEL:03-3704-0731
FAX:03-3704-9766
メール:kikaku@hj.sanno.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/41634
提供: